旧吉田茂邸と旧三井別邸 郷土資料館もある大磯城山公園

更新日:

今回は県立大磯城山公園を巡ってきました。

茅ヶ崎から海岸沿いの国道134号線を箱根・小田原方面に走る機会はあっても素通りしてしまうことが多いのが大磯です。



クルマ・バイクでアクセスしやすいのは西湘バイパスの大磯西ICです。(平塚方面からは無料区間)
ICを降りて国道一号にすぐアクセスできます。
Y字になっている城山公園前交差点を左折したら公園の第一駐車場です。

個人的には平塚方面から来た時は一つ手前の大磯東ICを降りるのが好きです。大磯駅周辺の街並みと旧東海道の面影を残す松並木も楽しめます。
大磯西ICとは逆方向からのアクセスなのでY字の城山公園前交差点を右方向に進むと駐車場です。

クルマの駐車料金は平日は無料で週末でも1時間300円。入場料は無料です。
バイクはこの出入口の右側に駐車スペースがあり無料です。広くて停めやすい印象です。

正面の階段を登ると旧三井別邸の立派な南門が現れます。

三井別邸として使われていた当時は丘陵のような敷地の頂上に三井財閥当主の別荘、城山山荘(じょうざんさんそう)本館が建っていたそうです。(敷地内の郷土資料館で当時の様子がわかります)

現在は展望台になっていて南斜面で陽当たりが良い場所です。

展望台からは相模湾、伊豆半島に富士山も見えます。

訪問した4月10日はこの展望台からダイヤモンド富士が見えるはずの日でしたが薄雲がかかり無理。
スタッフの方に伺ったところ春は天候的に難しいようで過去10年で見えたのは一度だけとのことでした。

敷地は広く全体的に坂と階段が多くていい運動にもなります。ところどころに広場や木製の橋、池もあります。

青々としたもみじの若葉の向こうに小さな滝も見えます。

大磯郷土資料館もあります。こちらも入場料は無料です。(特設展示は有料の場合も)

明治時代から戦後に至るまで日本の政財界の偉人の別荘地として名をはせた大磯を知ることもできます。

郷土資料館の前に立つ郵便ポストは展示物なので間違えて投函しないようにしましょう。


次は旧吉田茂邸に向かいます。
公園自体が国道1号を挟んで北側が旧三井別邸地区、南側が旧吉田茂邸地区と二つに分かれています。

クルマ駐車場の入り口横にバイクや自転車を置くスペースも一応ありますが少し狭いのでバイクは第一駐車場に置いたままでOKです。

旧吉田茂別邸は明治17年に建てられ戦後の政治史にも登場する由緒ある別荘で平成21年に焼失しましたが平成29年に再建されました。

ここも広い敷地の丘の上の南斜面に邸宅があり陽当たりが良く邸宅からの眺めもさぞかし良かったことと思います。

庭園散策も無料ですが邸宅内部は郷土資料館別館となっていて有料です。
日本庭園は昭和の邸宅庭園という感じで趣あるたたずまいです。

南端の相模湾を望む場所に吉田茂像が建立されています。

大磯駅からのアクセスは本数が多いバス便が便利です。
大磯は歴史的な邸宅が立ち並ぶ観光エリアと同時に漁港や浜辺は釣りスポットとしても有名です。徒歩で大磯駅から一日散策しても楽しめるエリアです。

冒頭で西湘バイパスからのアクセスをご紹介しましたが小田原厚木道路であればあれば大磯ICが便利です。上り方向なら大磯PAに寄ってからでも出ることが出来ます。

追記)
晴れていて空気が澄んでいる日におススメなのが近くにある湘南平(高麗山公園)です。
富士山、丹沢山地、相模灘に浮かぶ大島まで見渡せる絶景ポイントでクルマ・バイクなら大磯城山公園から10分程度です。

気が向いたらポチっとお願いします。

Donna&Scooter - にほんブログ村

-おでかけ駐車場(画像あり), バイクで観光と旅 国内編, 三浦半島・湘南・鎌倉, 県内と横浜郊外 公園・観光地
-, , ,

Copyright© Donna & Scooter , 2021 All Rights Reserved.