市場で食べ歩き みなとみらいも近い横浜市中央卸売市場 

更新日:


食堂街は誰でも利用できます

横浜市中央卸売市場は通常は一般の方は入れません、市場関係者のみです。

一方、市場内にある食堂街は誰でも自由に利用できるので、いろいろなメディアで紹介されています。

土曜日は行列が途切れない店もあります。食材は新鮮そのもので低価格なので人気も高いわけです。
どの店舗も早朝からオープンするので店によっては午後2時終了です。
(日曜・祝日は市場が休業で食堂街も定休日です)

平日の午後1時に行った時には比較的空いてました。

今回は食堂街にある「伊豆屋」、水産棟の向かいにある「横浜魚市場卸協同組合 厚生食堂」、青果棟の奥にある「竹家食堂」、最後は市場の外にあるチーズケーキの「ガトーよこはま」をご紹介します。

横浜市中央卸売市場の場所

こちらです。
みなとみらいエリアの運河を挟んだ北側です。距離的には横浜駅よりもみなとみらいエリアに近いんです。

最寄りの駅はいくつかあるのですがどこからも15分くらいかかります。
(バス・徒歩で初めて行かれる方は末尾のアクセスの項もご覧ください)

伊豆屋

一軒目は市場の関連棟の食堂街にある伊豆屋さんです。
市場の正面入り口の通路を抜けてすぐ右手に見えるのが関連棟です。この一階に食堂街があります。

(人だかりは食堂街の行列ではなくて、一般開放日のイベント「市場探検隊」で探検中の人たちです)

伊豆屋の正面です。
店の前のメニュー看板の今日の日替わり丼に「大とろかつお丼 半そばセット 800円」とあります。

もう1時近くでお腹が空いていたのでセットを注文してみました。

こちらです。 おろししょうが乗った大とろかつおです。
そばは温かいそばと冷たいそばを選べます。

かつおが口のなかでとろけてしまいます! まぐろではありません、かつおの大とろです。
脂身が多いのでこの丼にはさっぱりしたそばが合います。

伊豆屋さんのメニューには天ぷら系が多いので次回は天丼を食べてみたいところです。

食堂街には10店舗ほどの飲食店が入っていて何も考えていないと迷いそうです。
全店を食べログでチェックしておく手もありますね。

人気のもみじやさんの店外メニューです。うな丼の持ち帰りもありました。

旬の魚をいち早く味わえるのもこの食堂街の特徴です。
季節ごとに行ってみたい気がします。

食堂街がある関連棟の西側半分は海産物の商店が軒を並べてます
出川哲郎さんの実家の「つた金」の店舗もあります。

水産棟前の厚生食堂

名称は「横浜魚市場卸協同組合 厚生食堂」です。
その名の通り市場の卸協同組合の厚生施設としての食堂です。一般客が多い食堂街とは立地も外観も違います。

水産棟の立体駐車場のスロープの下にあります。
市場の正面入り口から入って左側なので市場関係者のエリアになります。

定番メニューも海鮮に限らず種類が多いです。麺類とのセットやカレーもあります。

この日はカキフライが人気でした。
部外者の人は定番のマグロ系の注文のようでしたが市場の人たちはカキフライの注文が多かったですね。

私が注文したのはまぐろ丼です。(たしか800円だったような)

店内はイスがないカウンター席です。店の前のテーブル席はテント張りの簡易的なスペースです。
厚生食堂ですから飾り気はないですね。

おすすめメニューは行ってみないとわかりません。食堂街に直行する前にこちらでおすすめを確認するのも良さそうです。

竹家食堂

竹家食堂です。
こちらは水産棟の食堂街ではなくて市場通りを挟んだ青果棟の奥まった場所にあります。
隠れた名店でしょうか。

市場通りからは全く見えない位置なので徒歩の経路を簡単にご紹介します。

市場通りから運河にかかる橋を渡り青果市場に入ります。
橋の上の右端が市場関係者のバイク置き場なのでこれが目印になります。

突き当りを左折です。すでに市場内なのでフォークリフトが走り回っています。
作業の邪魔にならないように道路の左側の黄色線の歩道側を歩きます。

青果棟に沿って右に曲がります。立体駐車場のスロープが見えます。

スロープの前を進むと青果が山積みになったエリアの先に竹家食堂が見えました。
こちらもスロープの下でした。

竹家食堂さんで注文したのはこちら三色丼です。

まぐろ・かんぱち・サーモンです。
まぐろとサーモンは口の中でとろけてしまいます。かんぱちは歯ごたえがあってこれまた美味。

ネットの口コミではねぎとろがタワーのように盛り付けられた「ねぎとろ番長」が人気でした。⇒ (先日、ねぎとろ番長いただきました。すごいボリュームで美味しい。)
一度は注文してみたいメニューです。

ガトーよこはま

よこはまチーズケーキで有名なガトーよこはまの本店です。
大きなチーズケーキの看板が遠くからでも良く見えます。

このお店は市場のすぐ外側にあります。

市場とは運河を挟んで反対側です。左側が食堂街がある関連棟で右側にガトーよこはまがあります。

店内に入るとまずチーズケーキやパウンドケーキの大きなショーケースがドーンとあります。
種類が豊富です。

種類が多すぎて迷う人も多いと思います。
迷わずチーズケーキを注文しました。

チーズケーキとブレンドコーヒーのセットで注文しました。消費税込み651円です。
ケーキもコーヒーもお替りしたいくらいです!

窓の外は運河です。いつも何かしらボートがつながれています。

テーブルやチェアは簡素な感じです。絵画やグリーンが多いインテリアは落ち着きますね。

さっきまでいた卸売市場とはすっかり違う雰囲気です。
チーズケーキファンにはたまらないカフェです。コーヒーだけでもおすすめです。

ちなみにガトーよこはまの近くに「つた金」本社があります。出川哲郎さんの実家の海苔店として有名です。

アクセス

徒歩
徒歩だと3駅が利用できます。

・横浜駅 「東口」または「きた東口」 東口からは徒歩約20分。きた東口からは約16分。
・神奈川駅(京浜急行) 約10分。
・新高島駅(みなとみらい線) 約16分。

一番近いのは神奈川駅です。
横浜駅は東西通路も横浜そごうへを抜ける経路も混雑するので東口でなく「きた東口」から出て歩くのが便利です。

東急東横線利用なら横浜駅で降りずに一つ先の新高島駅がおすすめです。
みなとみらいエリアなので地下駅から地上に出ると歩道が広くて卸売市場まで歩きやすい点です。
OKストアがあるオーケーみなとみらいビルの先臨港パーク入り口の交差点を左折です。

そのまま進むと運河にかかる橋です。卸売市場の水産棟が目の前に見えてきます。
経路も分り易いですね。

臨港パークの駐車場から卸売市場までは距離は1km弱。徒歩10分程度でしょうか。

バス

中央卸売市場へのバス便の横浜駅東口のりば(東口バスターミナル)です。
4番のりば 48系統 コットンハーバー/東神奈川駅行きで中央市場前下車です。
上り下りもバス停は水産棟・青果棟をつなぐ陸橋の脇です。

一般開放日に多めに魚類を買ってしまってもバス停が近いのは便利です。
月2回開催される市場一般開放についての記事はこちらをどうぞ。

スクーターで水産市場に行く 横浜中央卸売市場一般開放日

横浜みなとみらいエリアの北側の運河沿いに位置するのが横浜中央卸売市場です。 意外に知られていない市場 横浜で生鮮品・食料品を扱う業界の方なら誰でも知っ ...

続きを見る

以上、「市場で食べ歩き みなとみらいも近い横浜市中央卸売市場」でした。


-スクーターで観光と旅 国内編, フード&スイーツ&ドーナツ, 海の幸・山の幸産直品・特設市場
-, , , ,

Translate »

Copyright© Donna & Scooter , 2019 All Rights Reserved.