東京モーターサイクルショー2018 用品&カタログ&コンパニオン編

更新日:


東京モーターサイクルショー2018 が開幕しました。

レーサー仕様の二輪から見事なカスタム車やサイドカー。外国車にも目を奪われます。
ステージやブースではレーサーや有名人のトークイベントも盛りだくさん。

開場前に並んで一日かけて回りたい

あっという間に時間が過ぎてしまうモーターサイクルショー。
バイク関連用品まで含めてブースを端から端までしっかり見てみたいのですが、一日では回り切れません。

気になっていたブースを事前にチェックしていても、会場を回り始めると興味をそそられるブースを見つけてしまい長居してしまったり、レーサーや著名人で盛り上がっているトークショーにも引き留めらます。

人気のステージだと立ち見の人だかりが出来てしまってよく見えないってことも。

ショーで展示されていたスクーターはスクーター&コンパニオン編でご紹介しました。
この章ではバイク関連用品や無料で入手できるカタログなども紹介したいと思います。

ヨシムラ

まずはヨシムラのブースです。
シートもカウルがなく、フレームがむき出しでエンジンと排気系パイプが目立つレーサーがあります。どこのバイクだかわかりません。

パネルには「ヨシムラ GSX-R1000 L6」と書いてあります。本体はSUZUKIでヨシムラのエンジンチューン車でした。エギゾーストパイプも迫力です。

他にタイヤではブリジストンのブースが目立っています。(画像がなくてスミマセン)
ステージでは絶え間なくトークショーがスケジュールされています。最終日は女性ライダー向けライディングテクニックというスケジュールもあります。

デイトナ

スクーターユーザーでも馴染みなのデイトナです。ブースをじっくり拝見しました。

バイクキャンプを意識したディスプレイ。雰囲気最高です。
(内心はスクーターのキャンプもディスプレイして欲しいって感じです)

 

シートバックやサイドバックを強調するならスクーターよりもネイキッドのほうがよさそうですね。

タナックス

TANAXのブースに来ました。TANAXもバックが有名です。

オフロード車にバッグ満載です。
(うーんやっぱりスクーターの出番はないのか)
これだけ積んでもきっちり固定されてます。

キジマ・コミネ

KIJIMA(キジマ)のブースにあったドライブレコーダーです。
モニターには左右の小さな丸いカメラ(デュアル)がそれぞれとらえる画像が映ります。

鮮明ですよ。カメラ2個ってことは前後方向を録画できるんですね。
クルマと違って視野に障害物がないバイクは視界が広そうです。

グローブでお世話になってるコミネのブースです。

ブースでもらえるコミネカタログも結構厚くて掲載商品が豊富です。

気になった他のブース

他にもバッグや用品メーカーがたくさんあります。

珍しいブースだったのがSphere LightというLEDヘッドライトやパーツの会社。

展示されていた実車がこちら。

カウルというカウルがすべてホワイト系の宝石が散りばめられたような。
大昔のラメ入りの塗装とかいうレベルじゃなくて、表面全体が輝いて見えるんです。
LEDヘッドライトも眩しい光を放ってます。カタログももらえます。

それでいて上品さもあるのでレーサーマシン以外にも一般のスクーターでも似合うかもしれません。(走っても停まっていても周囲の視線を集めるのが好きな人向け?)

ライダーのアパレルデザインの56designです。オシャレなブースです。

コンパニオンもオシャレです。
いわゆる制服ではなくて丈の短いニットに革パンツの組み合わせ。

信号待ち停止している時に、このバイクに乗ったこの女性が横に停止したら。
エンストしたり、中には立ちコケしてしまう男性ライダーが出るかもしれません。

少し変わったところでは、バイク専用SNSの「モトクル」
ネットでバイク用品を検索してると「モトクル」をたびたび見かけますね。

コンパニオンがキュートなんです。
カメラに向かって飛ばす笑顔でも凛とした目元が印象的です。

 

旅行や観光関連のブース

最後は旅行系です。海外ツーリング旅行を企画販売している「道祖神」です。
海外のあらゆる場所のツーリングを主催しているんですね。

ブースは駅前の旅行カウンターよりも狭いのですが、カタログにのっているツアーはものすごい。世界7大陸どこもツアーが用意されてます!

広大なアメリカのツーリングはもちろんヨーロッパやアフリカやブータンまで!
海外でもバイクに乗りたいと思う人は寄っておいて損はないブースです。

日本のローカルの観光案内のブースもありました。

まずは福島や新潟などの5県共同の観光サイト「806.JP」です。
もちろん初めて知ったサイトです。

5県とは時計周りに栃木・群馬・新潟・福島・茨城の北関東磐越を高速道路をつなぐと全長806kmだそうです。

詳細な5県地図ももらえます。
このエリアの主要な高速道路の北関東自動車道・関越自動車道・北陸自動車道・磐越自動車道・東北自動車動・常磐自動車道!裏面には高速道路を使った観光に便利な情報が満載です。

これを見ちゃうとビッグスクーターが欲しくなります。
(個人的には原付二種で一般道で5県を回るチャレンジも面白そう)

最後は岩手県のブースです。
岩手旅行のパンフレット一式もらえます。

岩手県全体の旅地図、県を4地域に分けた観光案内や宮古・室蘭フェリーの案内もあります。
さすがにまだ全部読めてません。

岩手県だけでも4地域の冊子になってて海・山・スキー場・温泉とか、知らなかった観光地が盛りだくさん。岩手を楽しんでから北海道にフェリーなんて最高です。

以上、今回はバイク用品から旅行案内まで様々なブースを紹介させていただきました。

スクーター&コンパニオン編はこちらです。

東京モーターサイクルショー2018 スクーター&コンパニオン編

東京モーターサイクルショー2018 が開幕しました。 ドナとスクーターも開幕初日の一般公開に合わせて東京ビッグサイトにやってきました。 去年の東京モー ...

続きを見る


-モーターショー・ギャラリー・EVカー, モーターショー・二輪車イベント
-, , ,

Translate »

Copyright© Donna & Scooter , 2019 All Rights Reserved.