100円ショップ素材でロッドホルダーに挑戦

更新日:

バイク用品販売サイトで見かけたのがハリケーンブランドのこのロッドホルダー。このホルダーが取り付けられたオフロード車の画像を見たあとに、なぜかまた釣りに行きたくなってしまうから不思議。販売サイトでの価格は税込みで6千円弱の表示。

購入してみたいけど、数回使っただけで釣りをやめてしまったらゴミになってしまう...それ以前に排気量110ccのスクーターでどこまで遠くに釣りに行けるのかわからない...

ならばとコスパも追求して自作することにしました。

釣りスタイルは砂浜、堤防、磯がメイン。投げ竿や磯竿を丸パイプのロッドホルダーに入れて運べれば見た目もすっきりして無骨なロッドケースよりもオシャレな感じです。

自作の参考にしたくてロッドホルダーの実物をバイク用品店や大手チェーンの釣道具用品店で探したのですが見つかりません。(探した店にたまたまなかっただけ?)

「自作ロッドホルダー」で検索すると自作のホルダー画像。
ロッドホルダーというよりも竿ケースを運ぶ「ロッドホルダーケース」を自作して取り付けている画像が多いです。
そのホルダーの素材はステンレス製のパイプではなくプラスチック素材が多いんです。

ホームセンターやら100円ショップで探してみたところ手軽にロッドホルダーとして使えそうな素材が見つからず。結果ダイソーで購入してみたのがこれです。

見たままのとおりの安い鉛筆立てです。事務用品コーナーにありました。
スクーターと同じ白色ということで違和感も少なそうだし薄い素材ながらも一応スチール製。工夫すれば金具でちゃんと固定できそう。(あいまいな確信です)

白い鉛筆立てと青で竿ケースを入れてみた完成予想メージです。
冒頭のスマートなロッドホルダー制作はすでに諦めて竿ケースホルダーになってます。)

どうやってこの丸型の鉛筆立てをしっかり取り付けるか、ここが問題です。
ネイキッドの二輪と違ってスクーターにはパーツを取り付けられるフレームが露出してません。

アドレス110にはタンデムステップの内側にある丸でかこんだこの場所にスチール製のでっぱりがあります。
この部品はステーというよりステップに置いた足が車体側に入らないようなガードなのでしょう。
左右両側に同じガードがついてます。この画像は車体左側のガードです。

このステーというかガードは長めのひし形。ここにパーツを固定するためにボルト固定用の穴でもあればいいんですが、ありません。

考えた末に、このガードに市販のステーを両側から挟みステーと鉛筆立てを固定することにしてホームセンターへ。余分なものも買ってしまいましたが購入した金具類です。

二枚のステーとM6サイズのボルトナット類に蝶ナット、それにスペーサーです。
使わない時は鉛筆立てを取り外したいので最小の工具で外せるように蝶ナットにしました。
スペーサーは鉛筆立てとガードの間に2センチの隙間をつくるために買いました。

鉛筆立ての上部と下部にそれぞれスペーサーを挟んでM6ボルト二本で固定できました。
ガードから2センチほど離した位置です。タンデムステップがちょうど鉛筆立ての底に面していて竿ケースの加重を受け止めています。(タンデムステップは使えない状態)

ガードに直接鉛筆立てを付けずにスペーサーでガードから離したのは理由があります。

ガードの位置から斜め後方に竿ケースを立ててみるとタンデムシートの下のカウルが邪魔になります。出っ張ったカウルで竿ケース先端は外側方向に張り出して車体から離れ先端が固定できないのです。

鉛筆立て自体を2センチ外側にずらすだけでカウルは邪魔にならず、竿ケースの先端がリアキャリア方向に。先端をリアキャリアと荷物用のゴムロープでつないで固定することができました。

なんだかんだと、ロッドホルダーならず竿ケースホルダー完成です。かかったコスト(税込み)

100円ショップで購入した鉛筆立て  108円 

ホームセンターで購入した金具類   640円                

合 計               748円 

取り付け時間自体は一時間程度です。今回、素材探しや取り付け方法に苦労しましたがボルトやナット類、取り付け金具の勉強になりました。







------------------------------------------------------
後記。 この鉛筆立て竿ケースホルダーは2カ月も走行するとボルトを留めていたスチール部分が曲がってきました。

あらためてステンレス製のしっかりしたロッドホルダーを自作しました。取り付けてから半年たってもびくともせず現役です。こちらをご覧ください。

スクーター釣行の武器 ロッドホルダー自作

スクーターを買って2か月目に釣り用のロッドホルダーを自作してみました。以前にも書いたのですが、今回は少し簡略化してみました。 クルマで釣行していた時期 ...

続きを見る

気が向いたらポチっとお願いします。

-125ccスクーター用品, スクーター・バイク用品, バイク釣行・釣りポイント
-, ,

Translate »

Copyright© Donna & Scooter , 2020 All Rights Reserved.