東京五輪まであと2年 スクーターで江ノ島に行ってみた

投稿日:


2年後には2020年東京オリンピックの開催です。
江ノ島はヨットレース会場(Venue)です。昨秋は猛烈な台風で相模湾の沿岸漁港だけでなくて江ノ島も大変な被害に会いました。今はもうすっかりきれいになっていました。
灯台は今も昔も変わりませんが、東京オリンピックが決定してから江ノ島全島が年々グレードアップしてます。

これからも江ノ島は注目されるでしょうし、周辺の公園も整備されて来て以前よりもクルマやバイクで遊びに行きやすくなっています。今回は整備が進む江ノ島と隣接する湘南海岸公園の様子をご紹介します。

狭かった江ノ島大橋はオリンピックに向けて拡幅工事中

いつ来ても工事中の印象が強い江ノ島大橋。それでも片側1車線の橋がいよいよ拡幅されると思うと楽しみです。
工事のために不通になることはないのでクルマやバイクでの観光には問題なしです。

橋を渡ってすぐ左手に見える緑地がオリンピック記念公園です。こちらもきれいに整備されています。
公園の一番奥に江ノ島クルーズの桟橋とカフェがあるんですね。

緑地にある駐車場が「江ノ島なぎさ駐車場」です。参道にも近いしヨットハーバーにも近いので平日にも関わらず結構混んでました。7,8月のハイシーズンは駐車料金が高くなるのですが、ハイシーズン以外は意外に安くて便利な駐車場です。

ここを過ぎるとすぐ左手にバイク駐輪スペースがあります。緑地帯に沿ったスペースで無料です。

一応駐輪スペースの案内が貼られていますがあまり目立ちません。

ここを通り過ぎるとすぐロータリーがあって堤防の手前に広がる長い駐車場です。以前から使われていますね。

名称はちょっと長くて「湘南港臨港道路付属駐車場」
手前にある駐車場標識をよく見るとバイクの文字が見えます。ん? バイクを停められるエリアが出来た?島内の標識を見てみると「バイク」駐車場が明示されてました!

そう思って駐車場に行ってみるとゲートにはバイク駐車場の表示はなく、まだバイク駐車スペースも確保されていませんでした。(そのうちバイクも有料になるんでしょうか)

江ノ島の堤防の上に登ってみます。湘南大堤防という名前があるんですね、知りませんでした。

大堤防の上を歩けます

ここから見える景色は大海原です。転倒防止柵が設置されているので子供がいても安心です。

長ベンチも数多くあってそのうち半分くらいは日光浴の人たちで埋まってました。
(上半身裸で寝そべっているのはオジサンばかりですが)気持ちよさそうです。

4月末なので日差しがまだ強くないし、湿度も低くて、何より相模湾の潮風が心地いい。
ベンチに座ってみると横になりたい気持ちがわかります。

堤防の内側の岸壁は釣り客で大混雑。

堤防の脇が南緑地です。小さな緑地でもべンチが常設されていて、トイレや自販機がすぐ横にあるので便利です。

堤防から戻って、江ノ島ヨットハーバーにある緑地に行ってみます。

ヨットに囲まれた島「さざえ島」が人気です。江ノ島ヨットクラブの白い建物を抜けてヨットハーバーの中を通ります。

さざえ島の左手が湘南港で大型のクルーザーが停泊しています。右手は小型ヨットです。まさに東京オリンピックのヨット競技会場ですね。ここから競技用のヨットが出航します。

さざえ島の両脇はヨットだらけなんです。

しずかな緑地の木陰にはいろいろな形のベンチがあってデートにももってこいの場所です。

ちなみにこのさざえ島にも緑地にも「サザエの壺焼き」の屋台はありません。

一方、すぐ近くの大型バス駐車場には外国人観光客がひっきりなしに乗降してます。
2020東京オリンピックの会場だし、江ノ島としては二度目のオリンピック。観光スポットになりますね。

まず、向かう先はレストランやお土産屋さんです。この周辺は団体旅行バスが到着すると外国人度50%超です。大堤防やさざえ島では団体観光客はあまり見かけません。

小田急や江ノ電の江ノ島駅から徒歩で渡る外国人観光客も増えてます。
団体旅行の観光バスではなくて江ノ電を利用して江ノ島・鎌倉エリアを楽しむ個人旅行ですね。

江ノ島大橋を戻り江ノ島入り口の交差点で国道134号線を左折して片瀬西浜に向かいます。

県立湘南海岸公園

新江ノ島水族館や片瀬西浜海水浴場がある湘南海岸公園。 江ノ島のすぐ横です。
まずはバイク駐車場を探します。

クルマの駐車場自体は公園にも周辺にもいくつもあります。134号線を走ってすぐ左手に見えてくる新江ノ島水族館を過ぎると中部駐車場の案内が見えます。
公園のバイク駐車場は中部駐車場と西部駐車場の二か所です。中部駐車場入り口に入ると「バイク・二輪入場禁止」の表示。

あれっと思ったらクルマ駐車場の入り口の真横にバイク専用駐車場がありました!

大きな表示ですがスピードを出していると入り口を行き過ぎてしまいます。手前に駐輪場表示があると助かりますね。
収容台数は5,60台はありそうです。好天気ですが、平日なのでガラガラでした。

潮風と景色を堪能できる海風テラス

この駐車場のすぐ上にこれまた居心地が良いウッドデッキの海風テラスが広がっています。
遊歩道が石畳でテラスは木製デッキ。

オンショアの強めの風が吹いていて、女子サーファーが自転車でポイントに向かいます。

テラスの周りは盛り上がった緑地帯です。芝草がびっしり生えていて座ってる人も寝そべっている人も気持ちよさそう。

南向きで砂浜とサーファーと江ノ島を眺めながらボーっとしてしまいます。

家族向けなのが海風のテラスよりも西寄りの西部駐車場周辺です。西部駐車場の横にも無料のバイク駐車場があるのでバイクでの移動も楽です。水の広場、ちびっこ広場、サーフビレッジなど施設が多くて面白そうなエリアです。

小田急江ノ島線の鵠沼海岸駅から歩いても7、8分なので週末はクルマよりも徒歩の方がゆっくりできそうです。
(多少歩いても潮風に当たりながらビールをガンガン飲めるのが、徒歩の一番のメリット?)

以上、「東京五輪まであと2年 スクーターで江ノ島に行ってみた」でした。


-おでかけ駐車場(画像あり), スクーターで観光と旅 国内編, 三浦半島・湘南・鎌倉, 県内と横浜郊外 人気の公園・観光地
-, , ,

Translate »

Copyright© Donna & Scooter , 2019 All Rights Reserved.