スクーターも便利なトレッサ横浜

更新日:


横浜市港北区の環状二号線沿いのショッピングモールといえばトレッサ横浜です。港北区の東端に立地していて綱島街道からのアクセスも良いですし、鶴見区や川崎市からも便利な場所です。

川崎駅西口のラゾーナ川崎は週末になるとラゾーナ渋滞で有名ですのでトレッサ横浜に流れるクルマ利用者もいるかもしれません。徒歩で来れる駅はないので公共交通機関としてはバスのみ。クルマ以外にも自転車の利用者が多いですね。

今回はトレッサ横浜のバイク駐車場へのアクセスと駐車エリアの様子をまとめてみました。

トレッサ横浜は環状二号線をまたいで南棟、北棟がありどちら側にもクルマ駐車場は複数の入口があり駐車場の表示も大きいので迷うこともなくスムーズに入れます。どちらの方向から来てもスカイウェイで2棟がつながっているのでとても便利でクルマで来場する人にとっては理想的な駐車場レイアウトです。さすがトヨタですね。

バイクはどうでしょうか。バイクも複数の入口や駐車場があるのでトレッサに近づけばそのまま進行方向を気にせず南棟か北棟のどちらかの駐車場(一階)に駐車できます。南棟と北棟はエレベーターのある連絡橋でつながっているので行きたい棟と反対側の棟に駐車しても連絡橋を渡ればよいので道路を横断する必要もないわけです。

すでにクルマでもバイクでも入出庫が楽なショッピングモールということがわかります。

実際の主要道路からのアクセスと駐車エリアの様子です。
まず綱島街道方面から環状二号線でのアクセスです。新横浜方面から来た場合も同じです。

環状二号線を走りトレッサ横浜の建物が両脇に見えてきますが、左手が北棟です。建物の一番手前に駐車場入口の表示があります。バイクもクルマと同様にここを左折してトレッサの敷地内車道を走ります。自転車は歩道から建物の前の広い駐輪スペースにアクセスできます。

敷地内に入ると車道は建物の裏側へと続きます。ゆっくりと右回りすると車道は建物の立体駐車場入口へのスロープに向かいます。

クルマはそのままスロープを上がり立体駐車場に入庫しますが、バイクはスロープを上がらずに左側を抜けます。その左手にバイク専用の駐車エリアがあります。北棟の入口のすぐ近くです。入庫まで歩道と車道が分離されているので安心して走れます。立体駐車場の下なので雨にも濡れません。特に機械式のシステムがあるわけではありません。

今度はさっきとは逆に環状二号線を末吉橋方向から綱島街道方面に走ってきた場合です。南棟と北棟をつなぐ連絡橋をくぐり抜けて進むと南棟の端に駐車場入口表示が見えます。ここでやはりクルマと同様に左折入場して車道を進みます。クルマは右方向にある立体駐車場へのスロープを上がります。バイクはスロープを上がらずに直進です。

ちょうどクルマのスロープの下の広々としたエリアがバイク駐車場になっています。ここでも自転車とは駐車エリアが分かれています。ここは位置的には南棟の西側でバイク駐車エリアのなかでは建物から遠い位置になります。この駐車エリアの先にもまだバイク駐車エリアがあります。ここをすぎて南棟を回り込んだ位置で左側のスロープの下、右側のオープンスペースもバイク駐車場エリアです。(環状二号線側からみると南棟の裏側になります)

トレッサ横浜は獅子ケ谷からの通りに接する東側にも南棟・北棟それぞれに駐車場入口があるので環状2号線だけでなくどの通りから来てもクルマ・バイクともにアクセスが良くてさすがという感じです。よほどのことがない限りバイク駐車場が満車になるとは思えませんが、バイク駐車場は南棟の方が駐車台数が多く、特に南棟の西側のエリアがバイク駐車可能台数は多いようです。

以上、トレッサ横浜のバイク駐車場と駐車エリアの様子の紹介でした。


-おでかけ駐車場(画像あり), 横浜市内 人気のモール・大型店舗
-, ,

Translate »

Copyright© Donna & Scooter , 2019 All Rights Reserved.