バンコク サトーンの紹介 シーロムに近くてICON SIAMやASIATIQUEにも便利

投稿日:

 バンコク サトーンとは 

バンコク観光で日本人宿泊者が多いエリアはプロンポン周辺です。でも今回はサトーンという地域のホテルに滞在です。サトーンと聞いてもあまりピンときません。

サトーン通りの南側一帯がサトーンと呼ばれてます。サトーン通りの東端はラーマ4世通りに接していて西端はチャオプラヤー川です。

上の画像はサトーン交差点から撮影したサトーン通り。ラーマ4世通りの方向です。

BTSはスラサック駅かチョノンシー駅が利用できます。
パッポンやタニヤがあるサラディーン駅やボート乗り場のあるサパーンタクシン駅までは一駅か二駅という実は便利なエリアです。

サトーン地区は東西に延びるサトーン通りとは別に中央にエリアを左右に分ける大通りが南北方向に走っています。

バス高速交通システムのBRTが走る通りが南北に走る大通りです。(道路の左手の施設がサトーンのBRT始発ターミナルです)

この大通りの東側(マップの右手側)は5つ星ホテルがいくつも立地していて大使館も多いエリアでハイソな高級感もあります。住宅地の道路も碁盤の目のように整備されています。

一方、この大通りを挟んで西側(マップの左手側)は通りに面しているオフィスビルやホテルはあるものの大通りから内側に入ると住宅がひしめき合う昔ながらの住宅街です。

ソイもスクムビットのように直線ではなく曲がりくねってます。
ボトルネックになった小路や一方通行も多いのでタクシーも入ってこない道もあります。

 初めて泊ったOYO236 A Sleep Bangkok Sathorn 

サトーンのソイ9をタクシーでくねくねと走ってたどり着いたOYO236は新築でした。レストランは無くシンプルなホテルです。

最寄りのBTS駅はスラサック駅よりチョノンシー駅の方が近くて徒歩10分くらいです。サトーンエリアではロケーションも良い。レンタルスクーターも無料で駐車できます。

新築なので当然ですが、何もかも新しく清潔感が溢れる内装です。

エアコン室外機が設置してある場所は一見バルコニー仕様なのですが腰高窓になっていてバルコニーに出ることは出来ません。

アレっと思ったのは室内に電気湯沸かしポットもカラトリー類もないことです。
客室で暖かい飲み物を飲むことが出来ません。1階ロビーにもコーヒーサービスはないので徒歩5分くらいのコンビニに行って購入してました。

コンビニに行くためにこの細道を何度往復したことか。備え付けの冷蔵庫は二人分の飲料水と清涼飲料を余裕でキープできる大きさです。

自分の旅のスタイルで困ったのはテーブルがないことです。サイドテーブルも無いのでスマホや小物を置くには壁掛けTVの下のこのでっぱり部分。

このでっぱりは奥行きが浅くてパソコンは置けません。
てっきりこの規模のホテルなら小型の机かサイドテーブルくらいはあるものと思い込んでました。

客室でのWifiの回線速度はかなり速い(おそらく利用者も少ない)のですが、PCとにらめっこして作業できる環境ではないので3泊する予定を2泊に短縮して他のホテルに移動しました。

旅行中にPCを使う必要がなければロケーションも良くてコスパ度も高いホテルなのは間違いないです。

OYO236の前の道は行き止まりなのでクルマもほとんど通りません。当然タクシーもいません。でもGrab(Uberと同じシステム)を利用して簡単に次のホテル、CK Houseに移動できました。

 次のホテルはThe Heritage Hotels Sathorn (CK House) 

ホテル名称はCK Houseの方がしっくりきます。
チョノンシー駅ではなくスラサック駅に近い位置になります。スラサック駅まで徒歩8分くらい。サトーン通りにある聖ルイス病院の南側です。

OYO236とは対照的に築年数が経っているので建物の設計の古さはいなめません。

客室は新しいホテルと比べたら段違いに広くてうれしい限りです。キングサイズベッドとソファー、ダイニング用の小さいテーブルもあるのにガランとしてます。木製のクローゼットも大型です。

古いタイプのサービスアパートメントだとこんな感じの広いスタジオルームに小さなキッチンまでついていたりします。

バルコニーも解放感があってサトーン通りの高層ビル群の夜景も見渡せます。正面に見えるのは一般のアパートではなくて聖ルイスカレッジの寮です。
寮とは離れているので学生たちの賑やかな声は聞こえず静かな環境です。

最低限のカラトリー類も揃っているので、いつでもレギュラーコーヒーや熱い飲み物を飲むことができます。夜までPCを使う場合は夜食に軽くインスタントラーメンもありですね。テーブルと椅子もしっかりしているのでPC作業もはかどります。

小さめのホテルとは言えレセプションを毎日一人で切り盛りするスタッフには感心です。

同系列のホテルがすぐ近くにあります。H-Residence Sathorn です。

こちらは築浅で屋上に眺めが良いプールがあります。レストランもありこのエリアでは比較的大きなホテルです。長期滞在ならここはおススメです。
CK House宿泊客は無料で屋上のプールを利用できます。(2019年8月時点)

海外旅行はJTB!Web限定商品など、海外ツアー検索・予約が可能!



 サトーンにこだわった理由 

ホテルを変えてもサトーンエリアに滞在したのはチャオプラヤー川の西側、トンブリー地区へのアクセスが楽なためです。

トンブリーにある水上マーケットをスクーターで観光した様子はこちらです。

バンコクの水上マーケットに スクーターで行ってみた クローンラットマヨム水上マーケット

チャオプラヤー川を渡ったバンコクの西には観光名所の水上マーケットがいくつもあります。オプショナルツアーが一般的ですが今回はスクーターで人気の水上マーケ ...

続きを見る

今回はスクーターでトンブリー方面にプチツーリングもしたのですがホテルから10分も走るとタクシン橋を越えてしまいます。朝夕渋滞するサトーン通りも昼間だとトンブリー方面は空いていて走り易かった印象です。

スクーターを使わなくてもBTSシーロム線を2駅乗るだけでチャオプラヤー川を渡ることができます。

もしスクムビット通りからトンブリーに行くとしたらスクムビットの渋滞のクルマの間を縫うように走ることになります。

他の渋滞道路も走ってみて気が付いたのが、実はサトーン通りはバイクが走り易いことです。サトーン通りもこのようにバイクは多いんです。

でも車が詰まり始めるとバイクは左端に寄ります。
渋滞で進まない車をしり目にすいすいと走れるバイクレーンがあるんです。

バンコク中心エリアではこういうバイクレーンがある大通りは見かけません。渋滞時は日本と同様に歩道とクルマの間の幅の狭い空間を抜けることになります。

バンコクも郊外に出てしまえば広いバイクレーンがあります。日本でもこのレーンがあれば朝夕のバイク通勤も楽そうだなぁと感じました。

CK Houseにチェックイン後、早速レンタルバイク店(Fat Boy's Motorbike Rental)に向かいます。こちらもサトーンの住宅地にありCK Houseから徒歩で行けます。

低層の建物がひしめくサトーンらしいエリアにレンタルバイク店はあります。

近くの建物の下にはバイクも通れる通路があります。
ここはソイとソイのショートカットになっている通路で地元の人しか知りませんよね。

バンコクのレンタルバイク店についてはこちらをどうぞ。

バンコクのレンタルスクーターショップ

タイのビーチリゾートだとレンタルスクーター店がいたるところにあります。ホテルや旅行代理店もレンタルスクーターを置いてます。 でもバンコクだとレンタルス ...

続きを見る

 

 アジアティークにもアイコンサイアムにも便利なエリア 

チャオプラヤー川の岸辺にあるアジアティーク ザ リバーフロント。CK Houseからはスクーターで15分くらいで行けます。

徒歩ならBTSスラサック駅から隣駅のサバーンタクシン駅で下車して無料のフェリーが出ています。どちらにしても楽な距離です。

巨大なショッピングモールのアイコンサイアムもチャオプラヤー川の岸辺です。

アイコンサイアムもサパーンタクシンから無料のフェリーが出ているので気軽に行けます。

 サトーン交差点のエンパイアタワーは便利 

BTSスカイトレインのチョノンシー駅の歩行者用通路がサトーン通り交差点の反対側まで延びていてエンパイアタワーとつながっています。

チョノンシー駅を出て車道に降りることなく歩行者通路を約200メートルくらい平行移動するだけでエンパイアタワー入り口です。

高層のオフィスビルディングの低層階はさまざまなテナントが入っています。書店やブティック、レストランもあります。

地階にはフードコートがありスーパーのTops Marketも他店舗より各国の食材やデザートを豊富にそろえています。

タイ料理以外もあります。和食も発見。

タイで初めて見たのが日本の「焼きいも」です。ちゃんとサツマイモを使ってます。
日本の冬の名物詩の売れ行きを聞いてみたところ、今一つのようでした。常夏のタイですからね。

トップスマーケットは地階にあるので歩道からは階段を下ります。
フードコートも同じ階です。

フルーツの品ぞろえも豊富です。

゜:*★タイのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°

 

 地元のフードコートと屋台街 

エンパイアタワーのすぐ南隣にあるフードセンターがサイアムナラフードです。

店舗が奥まで連なっていて中央がフードコートのようなテーブル席になっています。
デザートの店舗もあります。

夕方までの営業なので夜間は閉まっています。

サイアムナラフードの南側には門があるレンガ塀に囲まれた屋台街があります。
正式名称がわからないのですがタイ語からたどると「タイの家庭市場」といった感じでしょうか。

門の内側の広場に屋台が並んでいます。昼時だったのでかなり混んでました。ここはかなりローカル色が濃い屋台街です。

サトーンの交差点のエンパイアタワーからこの屋台街まで2百メートルくらいしかありませんが昼時だけは昼食を食べにくる人たちで歩道が歩きづらいくらい混み合います。

タイの家庭市場も夕方以降は営業していません。午後4時頃に通ったら門が閉まっていて入れませんでした。

閉まった門の前に串焼きの屋台が一軒だけ出てます。たしか昼は内側で営業していた屋台です。ここを通るとこの屋台はいつも行列が出来ているんです。

練り物や焼き鳥やウインナーなど種類が豊富です。
炭火焼きなので鶏肉も美味しかったです。

価格は1本15~20バーツ程度だったと思いますが、まとめ買いする客も多くてリストを見ながら何種類も注文して30本くらい持ち帰る客もいました。

最後に日本食レストラン「粋」です。上記のタイの家庭市場の塀の左隣りです。
サトーンには和食店はほとんどないので貴重です。

スクーターですぐ行けるタニヤの日本食レストランで和食を食べていたので、実際にここで食事する機会はなかったのですが、日本人による口コミも良いみたいです。次回サトーンに行ったら是非寄ってみたいレストランです。

以上、サトーンの街の様子、ホテルやフードなどの紹介でした。

-スクーターで観光と旅 海外編, タイ・バンコク 2019
-, , , , ,

Translate »

Copyright© Donna & Scooter , 2019 All Rights Reserved.