クラビの休日 アオナンビーチに新しくオープンしたAISでSIMを購入

更新日:


昨日、自宅から電車・高速バス・国際線・国内線・ミニバンを乗り継いで到着したクラビアオナンのホテル。ドアツードアで17時間近くかかりました。

1. 南国クラビの静かな夜が明けました


朝、目を覚ますと爽やかな朝です。ベッドからでもベランダ越しにアオナンクリフが見えます。


クラビに来たんだということが実感できます。

Harvest Houseという低料金のホテルですがあらためて見回すと内装がキレイ。広いゲストルーム。エアコンは静音タイプ。リノベーションされて1年程度なので清潔感いっぱいです。

ベランダからはクラビの街を行き交う観光客の姿が見えます。たまたまホテル前に停まった乗り合いバスのソンテウから降りたのは欧米系のバックパッカーです。


クラビタウンから乗ったのか空港から乗ったのかはわかりませんが、荷物は多くてもタクシーやミニバンでなくソンテウをうまく使って移動費用も節約という感じです。

前日、深夜にチェックインした時は寂しい感じもした街ですが朝から周辺の歩道には屋台が並んで賑やかな感じも伝わってきます。


向かいのレストランの横で営業していたタイ飯屋台で朝食兼昼食を済ましてさっそくスクーターレンタルです。SIMを購入しないとスマートフォンが使えないのでグーグルマップが見れません。
(マップに保存しておいた行きたいポイントも大切)

初日は午前中からスクーターをレンタルです。SIMを購入したり日用品も買っておきたい感じです。

2. さくさくとスクーターレンタル

 

ホテルから150メートルビーチ方向に歩いた場所にレンタル店、Mr.Sakがありました。
本業がレンタルなのかトラベルデスクなのかわかりませんが、20台くらいの在庫です。

普通のスクータータイプは一日200バーツ。デポジットの替わりにパスポートを預けることになります。パスポートはコピーを貰っておいたほうが便利です。

スタッフがてきぱきとパスポートを見ながら契約書を作成。宿泊ホテルの名前を聞かれたくらいであとはサインするだけ。

忘れてはいけないのがスクーターの外観を撮影することです。
乗る前からキズがついていても撮影しておかないと返却時にもめる事例もあります。この店ではスタッフが客に撮影するよう促してました。

レンタルしたのはホンダの125ccスクーターです。早速店舗のスタッフにスーパーのテスコロータスの場所をたずねると「ここから一キロくらいで左側に見えるよ」と。

3. テスコロータスにdtacはあったが

テスコ迄は一本道で信号もないのでスクーターで数分。

 

テスコロータスにしては小さめのスーパーです。クラビでもアオナンエリアにはスーパーが少ないので日用品や生鮮食料品とかいろいろ買いたい場合は便利なスーパーです。大通りに面しているので乗り合いバスのソンテウでも目の前まで行けます。

アオナンビーチからは2kmも離れています。店内は地元のタイ人の方ばかりで観光客はほんの少しです。

ビーチサンダルなどの雑貨、飲料はコーラや缶コーヒーなどを購入しました。一番の目的はSIMカードです。携帯電話販売店の隣に通信電話会社のdtacの店舗があります。

こじんまりとした店舗で英語を話せる店員はいませんでした。店頭には観光客用のSIM料金も書かれた英語のメニューがあるのでここで買えそうです。

30日間有効なSIMが500バーツ(約1750円)くらい。通話無料分が少ないですがデータ通信量が多いタイプです。無料通信の日数や通話料金の違いとかで価格もいろいろです。どれも割安な料金なので自分の観光スタイルに合わせSIMカードを買えばOKです。30日間有効なSIMをお願いしました。

が、店員さんが在庫チェックしたら売り切れ。うーん、残念です。他のパッケージを聞いてみたのですが英語がうまく通じないので理解が今一つです。在庫がある中では15日間有効なSIMが良さそうでした。

そのSIMに決めたのですが本人確認のためパスポートの現物が必要だとわかりました。(この店舗ではコピーでは不可だそうです)

パスポートはレンタルスクーター店に置いてあるのでパスポートがない今日中のSIM購入は無理ということはわかりました。(残念)

なんだかんだともう昼時です。ビールを買える時間帯になったので何本か缶ビールもスーパーで追加購入して一旦ホテルに戻ります。



グーグルマップなしでスクーターツーリングは無理です。知らない土地なのに道路地図はなく標識も読めないという状況ですから。

 

4. 気をとりなおしてビーチに SIM販売店見つけた

来た道をホテルまで戻りビール・ジュース類を冷蔵庫に入れ、すでに冷えていた水をがぶ飲みして一服です。

スクーターには用意していたスマートフォンホルダーを取り付けました。(日本で事前に購入した工具不要で取り付けられるタイプです)

ビーチサンダルに履き替えてからスクーターでアオナンエリアを探索です。
なぜかサンダルを履くと砂浜を歩いてみたくなります。ビーチまでスクーターならあっという間です。


この日のアオナンビーチは想像よりも波が高い日でした。それでも遠浅なので波を楽しむ観光客が大勢います。

ビーチを吹き抜ける風も波打ち際の海水も気持ち良い。素足で歩くのはほんと気持ちいいですね。

ビーチのベンチで休みながら明日の予定を練り直しです。
今日は買えると思っていたSIMが買えなくなったので明日の朝からのスクーターツーリングは近場に変更するしかありません。

とりあえず疲れたので、呼び込み嬢がいないマッサージ店でフットマッサージをしてもらいたくなりました。

あるマッサージ店のそばでスクーターを停めました。
そこで目に入ったのが通信電話会社AISのショップ

まだ新しい店舗です。間口は狭い店なのでそのまま走っていたら見逃していた可能性大です。


スマホ、SIMカードにポケットWifiなども扱ってるようです。24hrsとは書いてありますが実際の営業時間は確認してません。



早速ショップに入ってみるとTraveler's SIMと書かれたメニューが出てます。
観光客向けの店舗らしくスタッフは英語堪能。 無料通話が付いたものやデータ通信無制限のタイプなどいろいろあります。
しかもパスポートはコピーでOKということで早速購入です。

こちらの希望に合うSIMを紹介してくれました。無料通話分はついてませんが30日間有効のSIMで合計345バーツ。The ONE SIMという名称でした。


価格が安いのは電話をかけた場合は通話料金が他のプランの倍くらいの設定になっているからという説明でした。 電話は受けるだけなら無料ですが電話をかける必要があればコンビニでプリペイドカードを買わないといけません。

店員さんがさくっとSIMを交換してほとんど設定も変えることなくネットに接続してくれました。これで日本で使っていたスマホとは電話番号が違うだけでメールもSNSも同じように使えます。

いつものようにグーグルマップも使えます。 明日はあきらめていたエメラルドプールまでスクーターで行けそうです。

翌日行ってみたエメラルドプールへのツーリングの様子はこちらです。

クラビの休日 スクーターでエメラルドプールへ

Contents ( 目次 )1. クラビはどこにあるの2. まずはスクーターをレンタル3. 出発  アオナンビーチから空港方面へ4. 4号線の旅5. ...

続きを見る

 

気が向いたらポチっとお願いします。

Donna&Scooter - にほんブログ村

-スクーターで観光と旅 海外編, タイ・クラビ 2019
-, , , ,

Copyright© Donna & Scooter , 2020 All Rights Reserved.