TOKYO MOTORCYCLE SHOW 2019 - Gallery アメリカン&クラシックスタイル

更新日:


2019年の東京モーターサイクルショーも見どころ一杯でした。
今回は会場で見つけたアメリカンバイク、クラシック・ビンテージタイプのバイクをギャラリー風にご紹介します。

HARLEY-DAVIDSON

FAT BOB

赤・黒・ゴールドというビビッドなカラーのFAT BOB。

排気量1,745cc、最大トルク161.7Nm を3000rpmという低回転で発生。

シート高はスクーターよりも低い710mm。価格は約220万円。

Heritage Classic 114

こちらはレザーウエアで有名なDEGNERのブース。ハーレーのFat Boyをディスプレイにしています。

革のジャケットとハーレーがマッチしてます。ハーレー専門店や大手のバイク用品店でもDEGNERの革製品は要チェックですね。

TMCS2019のブース

個人的にはスクーターでのキャンプツーリングや釣りの頻度が多いのでアウトドア用品のナチュラムのパーカーなどを使ってます。(お手頃価格ですね)

世界最大級の品揃え! アウトドア用品とフィッシング用品の専門店 【アウトドア&スポーツ ナチュラム 】

Indian

以前はインディアンといえばハーレーと人気を二分するVツインのアメリカンイメージでしたがロードスポーツが人気です。

Indian FTR 1200

タンクと本体が赤・黒・白、フロントフォークとエギゾーストパイプが金色という迫力のあるカラーリング。 リヤ周りはすっきりしていてスマート。

Indian Scout

スローバックスタイルのインディアン スカウトのVツイン。

Indian Chieftain

スピーカー内臓の大型のフェアリング。液晶ディスプレイの両側にアナログのスピードメーターとタコメーター。サドルバッグもビッグ。

Kawasaki

W800

W800 カフェもビンテージ感があふれてます。

Wブランドは50年の伝統を受け継いでます。

HONDA

RC162 (参考出品)

東京モーターサイクルショーで展示されたバイクでは最も古いレーサー。
1961年、世界を席巻したホンダのマシンです。

当時としては世界最高レベルのドラムブレーキだったに違いありません。

以上、「TOKYO MOTORCYCLE SHOW 2019 - Gallery アメリカン&クラシックスタイル」でした。

東京モーターサイクルショー2019の他の記事はこちらをどうぞ。

TOKYO MOTORCYCLE SHOW 2019 海外スクーターが気になる

3月22日金曜日 東京モーターサイクルショー開幕しました。一般公開初日の様子と海外メーカーのスクーターをご紹介します。外気温も高かったせいか東京ビッグ ...

続きを見る

TOKYO MOTORCYCLE SHOW 2019 カスタム・バイクギア・ウエアに注目

2019年3月22日(金)~24日(日)開催の東京モーターサイクルショー。注目のカスタム車やバイクギアのブースを回ってみました。 Contents ( ...

続きを見る


-モーターショー・ギャラリー・EVカー, モーターショー・二輪車イベント
-, , , ,

Translate »

Copyright© Donna & Scooter , 2019 All Rights Reserved.