バーグマン200 走行4千キロの通信簿

更新日:


バーグマン200の通信簿

バーグマンの特徴をざっくりと

購入してから8カ月。走行距離は4千キロ。バーグマンの特徴をざっくりと言えば「コスパなミッドサイズスクーター」です。

日常の足に使えて週末は近県の観光や一泊ツーリングにも行けてしまう。冬季以外は宿泊キャンプにも行ってます。

これまで使ってきた感想を通信簿風にまとめてみました。乗る目的や使い方は人それぞれなので評価も異なりますが、初めてスクーターの購入を検討してる人や125ccクラスからの乗り替えを考えている人にも参考になると思います。

   ○の数が多いほど高評価 (個人的な基準です)                    

 項 目 判定ポイント
評 価
走り出し発進のスムーズさ○○●
速く走る高速道路の追い抜き○○◑
ゆっくり走るノロノロ運転のしやすさ○◑●
曲がる峠道や市街地○○●
しっかり止まる高速でも低速でも○○●
乗り心地シートやサスペンション○○●
風防高速での風の巻き込み○○◑
荷物を入れる量と積みやすさ○○○
夜道を走るヘッドライトの明るさ◑●●
長く走る燃料消費○○●
伝える能力メーターパネルの見やすさ○○◑
コスパ度新車乗り出し価格○○◑

それぞれの評価の理由です。

走り出し ○○●

カタログデータではエンジンのトルクピークは6,000回転。
最高馬力は13kW〈18PS〉/ 8,000rpm

スロットルを回しエンジン回転数が4千回転を超えると遠心クラッチがミート。その瞬間にググッっと発進して加速します。雨の日に後輪がマンホールの上にのった状態で急発進すると後輪が空転するぐらいで200ccでもパワーを実感します。

125ccクラスのスクーターから乗り換えてみるとクラッチミートタイミングがほんの少し遅く感じるかも知れません。
以前に乗っていたアドレス110はクラッチミートがわずかに速く車体も軽いので、発進に限ればスロットルの反応が敏感だった気がします。

バーグマンは発進してから7千回転以上をキープするとシフトアップも速く加速Gを感じながらスピードが上がります。
一般道ならスロットルを抑えないと時速70キロもすぐ超えてしまいます。

新車だと慣らし運転期間があります。その間の発進はアドレス110に置いて行かれそうです。スロットルは半開なのでクラッチミートした後、シフトアップもゆっくりめで俊敏な加速は期待できません。

慣らし運転が終わりフルスロットルで発進できるようになると高回転型エンジンの良さを実感できます。低速域から高速域まで息つくことなく加速します。

速く走る ○○◑

バーグマンのレビュー記事やブログには最高速度がメーター読みで時速130キロ以上出るというコメントもあります。

最高速を試したことはありませんが、東名高速の下り勾配で周囲のクルマの流れに合わせていると瞬間的には時速130キロくらい出ていてもおかしくありません。(東名高速はスピードの出やすい下り勾配で80キロ制限が多いので制限速度表示の見落としには要注意です)

高速道路を走るときの巡航速度はだいたい時速90キロです。
この速度だと回転数は7000回転未満でトルクもあり排気音も静かです。足を前に出した楽な姿勢で巡航で燃費も良くなるのですからスクーターとしては高評価です。

荷物を満載しても高速を巡航出来るのでキャンプにも向いています。

時速90キロからの加速もスムーズなのでクルマを追い越す時は時速110キロくらいになっているイメージです。(道交法上は制限速度100キロなら追い越しでも100キロがマックスです)

時速100キロからでも加速しますが、それまでのキビキビとした加速ではなくなります。道路が空いていると速度制限を無視したクルマが走り抜けるので追い越し車線には入らない方が楽に運転できます。

レッドゾーンは9500回転。まだ未知の回転数なのでエンジン音や振動などは不明です。

ゆっくり走る ○◑●

スクーターでゆっくり走るというインプレッション記事は読んだことがないですが項目に入れてみました。

スクーターに乗っていると一般道でも高速道路でも渋滞にはまって停止・発進を繰り返したりノロノロ運転の時間が結構あります。

画像 フリー素材ぱくたそ

ATのクルマであれば停止状態からブレーキから足を外すだけでゆっくり進みます。クリーピングです。歩く速さくらいのノロノロ運転ならブレーキ操作だけです。

スクーターも自動変速でATみたいなものですが、クリーピングが出来ません。歩く速度だとフラフラするので停止・発進・停止の繰り返しになります。

スクーターに共通するのは時速10km(メーターに10km表示がないので0kmと20kmの中間くらい)以下だと遠心クラッチが切れたりつながったりしてふらついてしまうことです。

ふらついて足を着く走行なら車体が軽い125ccクラスのほうが楽です。

バーグマンは一旦停止したら発進するには4千回転以上回さないとクラッチがつながりません。

時速10キロ超でキープできればバーグマンは足を前に伸ばしてリラックス姿勢で走れますが渋滞なのでクルマの流れ次第ですね。

ゆっくり走る点では砂利道やわだちのある林道も苦手です。もともと前輪への荷重が小さいことでふらつきやすいのと地上最低高が低いので底をぶつけてしまう危険があります。

すり抜けはお勧めできませんが、車列の間を時速10キロ以上で走れればスムーズに抜けられそうです。ただ、左右にクルマがひしめくなかで停止・発進でふらつくとどちらに寄ってもクルマがあるので気をつかいます。

車幅もすり抜けに影響するので250cc以下の主なバイクの車幅を抜き出してみました。バーグマンはスクーターとしては普通の車幅です。

車 種           車 幅 
ヤマハ X-MAX       775mm
ホンダ フォルツァ 750mm
スズキ バーグマン200  740mm
ヤマハ N-MAX155 740mm
ホンダ PCX-150  745mm
スズキ SWISH 690mm 
ヤマハ セロー250    805mm
ホンダ   CBR250R  720mm
スズキ   Vストローム250 880mm

スズキSWISHは125ccなので狭いですね。意外にもホンダCBR250Rは他のスクーターより狭い720mmです。
逆にスズキのVストロームは880mmとかなり広めです。

曲がる  ○○● 

ツーリングに行けば峠道やワインディングロードを走ります。

ふっくらした車体で太めのタイヤのバーグマンも車体をバンクさせてコーナーを抜けるのは爽快です。

ステップボードを足で踏み込んでバンクのきっかけにすることもできます。

バーグマンは下り勾配のコーナーでもエンジンブレーキが適度に効くので前輪ブレーキレバーを握りしめて走る必要もありません。

アドレス110はエンブレはあまり効かず前輪ブレーキを強めに握るので下り勾配の峠道は手が疲れます)
エンジンがない自転車のロードレースも急コーナーは不安定になりがちです。

スクーターでやっかいなのはスピードが落ちる狭くて急なカーブです。

MT車と違ってギアをローにしてエンジン回転数を保つことが出来ません。スクーターはコーナーでエンジン回転数が落ちすぎるので立ち上がりの加速に時間がかかります。

上り傾斜のヘアピンカーブの出口だとふらつくことさえあります。
クリッピングポイント手前でスロットルを戻すと平地以上にエンジンブレーキが効いてスピードも回転数もストンと落ちます。

回転数が落ちたうえに上り坂なので前輪のグリップはかなり弱い状態です。スピードが上がるまでの短い時間が不安定です。遠心クラッチのスクーターの宿命ですね。

ホイールベースは125ccクラスよりも250ccクラスに近い長さです。それでも平地でのUターンはふらついたとしてもそれほど難しくはありません。

両足が楽に着くシート高なので狭い場所でシートに座ったまま両足を使って後ろに動くのも簡単です。

ちなみにバーグマン200のホイールベースは1,465mmです。
PCX150は1,315mmでフォルツァ250は1,510mmです。

しっかり止まる ○○● 

バーグマン200は前後油圧式ディスクブレーキです。ABSはありません。

フルブレーキで急制動という事態には遭遇してませんが、高速道路での時速100キロ巡航でもブレーキ性能に不安を感じたことはありません。
雨天や滑りやすい路面を日常的に走行するならABSが欲しいと感じるかもしれません。

慣らし運転の頃は後輪がロックしたことが数回。それまで乗っていたアドレス110は後輪がドラムブレーキでレバーを瞬間的に強く握る癖がついていたようです。

渋滞しがちな市街地走行では前輪ブレーキを使う頻度も多いので個人的には軽く引いても効きやすいレバーの方が好みです。

2018年10月から日本でもABS義務化が始まったのでこれ以降に発表される新型車はABS付になります。バーグマン200も継続生産ではなく新型車が投入されればABS付ですね。

乗り心地 ○○● 

まずシートの座り心地です。
前後に長くて広いシートなのでは市街地では気持ち前側に座っています。

高速では腰を引きシートの出っ張りにあわせるように座り、足を前に出してフットステップで少し突っ張るようにしてます。下半身が安定し腰への負荷が分散される感じなので長時間の走行も楽です。

アイドリング時の振動は納車後ちょっと気になりました。
アドレス110とは違う振動です。

慣らし運転が終わると振動も少し落ち着いて、最初はエンジンから発生するメカニカル音が硬かったのですがそれも柔らかくなってきました。

今でも信号や踏切で長めの停止ならエンジンを切ってます。振動がなくなるしガソリンの無駄使いもなくせます。

慣らし運転を終えて、フルスロットルで走るようになって気になったのが中低速域から高速域への加速中にシートを通じて尻に伝わる細かいビビリ感です。

アイドリング時の振動とは違ってモーターが高速回転しているような細かい振動です。エンジン回転数は6~7千回転程度なので回し過ぎではありません。

スロットルを抑えて巡航するとこの振動は収まるので加速中に駆動系から発生するのかもしれません。シートの材質を変えたりするのも大変なのでこの点は減点です。

サスペンションです。

アドレス110では道路に大きめの凸凹があるとガツンという突き上げるショックがハンドルに伝わりました。
フロントサスがショックを吸収できないというよりも細いタイヤなのでタイヤが衝撃を吸収できずにホイールに衝撃が伝わるような感じだったのかも知れません。

タイヤが太くフロントサスも太いバーグマン200だとさすがにそういうショックはありません。

リヤショックは5段階で強さを調整できます。取扱説明書では二人乗りは3以上の位置を推奨です。3か4の位置にしているオーナーが多いようです。備え付けのL字型の工具で調整できます。

一番強い5の位置で一人乗りだとリア側が少し高くなるのでその分、ヘッドライトの光軸は少し下がります。(手前に近づきます)

風防  ○○◑

長めのウィンドスクリーンです。
身長175センチだと上半身はもちろんヘルメットへの風圧もかなり防いでくれます。ヘルメットのシールドを上げていても高速を走れてしまうくらいです。

スクリーンの幅は広くはないのにスクリーン脇からの風の巻き込みもあまり感じません。

フロントカウルが大きめのバーグマン200です。それでも太もも外側から腰にかけて走行風が少しあたります。気温が低い真冬のツーリングはオーバーパンツ着用ですね。

グリップを握る手も冬季は対策が必要です。簡単でコスパな対策はハンドルカバーです。良くても2シーズン程度しか持ちませんが効果は抜群です。

小さいスクーターだとハンドルカバーが目立ちますが、フロントカウルが大きいバーグマンだとそれほど目立ちません。
このハンドルカバーの詳細はこちらです。

真冬はハンドルカバーがおすすめ コスパな防寒はこれです

12月も中旬になると朝夕の気温は摂氏5度以下に。1月になれば零度を下回る日もあります。この季節はどの観光地も夜のイルミネーションが素晴らしいのですが、 ...

続きを見る


荷物を入れる ○○○

バーグマン200はここも長所です。
シート下のトランクの容量は41リッター。

開口部が広く荷物の出し入れが楽なのが特徴です。大きなサイズのものでもポンと置けます。
棒状のものでも長さ70cmくらいなら収納できます。(日用品やキャンプ用品でもポールなどの収納サイズは60cmが多い)

前後方向の長さ

トランク内照明は標準装備のスモールランプで暗闇のなかでもなんとかなります。
トランクの密封性もありますがエンジンの真上なので夏は熱がこもり冷凍食品は無理です。

鍵付きのフロントボックスは左右にボックスがあります。両側ともに奥行がありいろいろ入りますが夜間は奥がほとんど見えません。
手探りだと小物を落としてしまうことも。ここは100円ショップのLEDライトをつけて解決しました。

スクーターのグローブボックスに100円ショップLEDライト

バーグマン200には使い易いフタ付きのフロントボックスがハンドルの下にあります。左右にわかれていてそれぞれ奥行がありペットボトルが余裕で入る容量です。 ...

続きを見る

左側に12V電源がとれるシガーソケットがついてます。
(ETC車載器もボックス内にマジックテープで装着できます)

ワンプッシュで開けられる右側のミニボックスはグローブやタオルなどが入るサイズです。ETCを付ける前は高速道路の通行券と支払用のクレジットカードのケースを入れていました。

料金所ではグローブをしたままボックスを開けて取り出したカードでサッと支払いができるので重宝します。

リアキャリアはキジマのキャリアを取り付けて容量50リットルのトップケースを付けました。(キャリアから取り外し可能です) 

収納量は合わせて90リットルになるので、ソロキャンプには十分です。一週間泊まりのツーリングも大丈夫そうです。
トップケースの詳細についてはこちらをどうぞ。

トップケース K-max K22 50L バーグマン200に装着

バーグマン200に容量50リットルの大型のトップケースを取り付けてみました。取り付けたトップケースは汎用のK-max K22です。 以前に原付二種スク ...

続きを見る


キジマ(Kijima) リアボックス 50? K-22 最大積載量3? ブラック/ブラック 908-009

新品価格
¥10,951から
(2018/12/23 15:09時点)

夜道を走る ◑●●

バーグマン200の弱点かもしれません。ヘッドライトの色は暖色でそれ自体は悪くありません。常時片目点灯でハイビームで両目点灯です。

全体的に不人気なのはLEDバルブではないことです。

LEDに変えるオーナーも多いようです。

市街地を走っていても光量が足りない感じることはほとんどありません。信号で停止した時に後ろからクルマのヘッドライトが当たると自分が乗っているスクーターの影が前方に出来るとLEDとの差を感じます。

高速道路を走っていても道路照明が明るいので光量不足とは感じません。

個人的に一番気になるのはヘッドライトの照射範囲です。
道路灯が暗い住宅街や裏通りを走ると斜め前方への照射範囲が不足している気がします。

正面方向は良く見えますが道路脇の物陰だったり電柱で見えずらい歩行者や自転車などは斜め方向です。
ハイビームなら多少見やすくなりますが、ロービームでは斜め方向が暗いので直前になるまで存在に気がつかないことになります。

クルマが前を走っていたり対向車がいるとハイビームのまま走れないので最近はバルブ変更や両目LED化を検討中です。
現在検討中のLEDヘッドライトはこれです。

スズキ バーグマン200 2014~ CH41A Hi LED H7 LinksAuto JA-X3一体型ファンレスLED トップのメーカーチップ 超高輝度6000Lm 色温度4300K/6500K/8000K再設定可能 車検適合 長期保証 1本セット

新品価格
¥6,980から
(2019/5/15 00:08時点)

長く走る  ○○● 

それまで乗っていたアドレス110の実燃費はリッター40キロ弱で郊外だと45キロくらいでした。

スクーターは燃費が良いという印象があったので、バーグマンも購入前する前はリッター35キロくらいだろうかと勝手に想像してました。
口コミサイトではバーグマン200の燃費はリッター30キロというコメントが多いんです。

バーグマンのカタログデータ

国土交通省届出値:定地燃費値 
36.0km/L(60km/h) 2名乗車時

WMTCモード値        
30.3km/L(クラス2、サブクラス2-2) 1名乗車時

大手のバイク販売店で聞いた時には「悪いときは25キロなんてこともありますよ」という話もあって「200ccなのにそこまで悪くなるんだろうか」と内心では思ってました。

これまでの燃費

結論は4千キロまでの平均燃費は口コミ通りのリッター30キロでした。
メーターに表示される燃費計の数字ではなくて満タン方式で計測した燃費です。

暖機運転もしていた慣らし運転期間の1000キロを除くとWMTCモードを上回る31.2キロ(満タン方式)です。ちなみにオドメーター3,750キロの時の燃費計の表示はリッター34.4キロでした。

燃費計は少し甘く表示されるようですが、まぁまぁ良いレベルです。

ツーリング途中だと瞬間燃費ではリッター40キロが表示されることも

満タン方式は給油毎の給油レベルを揃えてもわずかな差が出ますが、オドメーターの走行距離をそれまでの全給油量で割れば給油レベルの誤差はなくなり正確な平均燃費が計算できます。

燃料タンクは10リッターです。リッター30キロなら単純に300キロ走行できます。

WordPressを使うならロリポップ!
簡単インストール完備で楽々スタート!

伝える能力 ○○◑

メーターパネルの表示と視認性です。

メーターパネルのフードの張り出しが大きく、透明のプラスチック板が内側に湾曲しているので太陽光が反射しずらい形状です。大きなアナログ式メーターは針の位置で感覚的に見れるのが良い点です。

センターに配置されたガソリンの残量表示は一目でわかる表示で燃料計も見やす位置です。

1点だけ気になったのがエコドライブインジケーターです。

パネル右側のタコメーターの下側です。スロットルを控えめにして走行するとこのエコインジケーターが点灯します。夜間はより明るく見えるので点灯・消灯を繰り返すと同じ緑色のウインカーシグナルと勘違いしやすいんです。

慣れたつもりでもウインカーの切り忘れと勘違いすることがあります。エコインジケーターは右側でなくセンターにあれば間違えにくいのではとも思います。

コスパ度 ○○◑

燃費はすでに書いたとおりなので150cc~250ccのスクーターの実勢新車価格(乗り出し価格)を比較してみました。

2018年12月現在でバイク新車・中古車販売のサイトに掲載されている税込み支払総額を参考にしました。150cc~250ccの主なスクーターです。実際には色の違いで見積もり金額に差があったりするのでおおまかな比較です。

 車 種支払総額 
スズキ バーグマン200  43万円
ホンダ PCX150   40万円
ヤマハ   N-MAX 155   39万円
ホンダ フォルツァ  64万円
ヤマハ X-MAX  61万円
キムコ G-DINK 250i         42万円

排気量も違うしそれぞれ個性があるので横並びにしてどれが高い安いとは言えませんがビッグスクーターに入るホンダ フォルツァやヤマハX-MAXはこのクラスの最高スペック。60万円台でも納得です。

実は今までバーグマンの実勢価格はかなりお買い得だと思っていたのですが、今回調べ直したらキムコがかなり安くなっていました。

発売から1年程度で支払総額は10万円くらい下がった印象です。バーグマンより安い販売店もありました。バーグマンにはないABSが付いていてクラス唯一のフラットフロア。

250ccのスクーターでフォルツァやX-MAXとは装備や性能も違いますがコスパ度は高いです。台湾メーカーなのでメンテナンスやパーツの入手が心配な面もありますが、数年前にキムコジャパンが設立されて販売店も増えたようなので今後は保守サービスの向上も期待できますね。

コスパで便利な市販グッズ

小さなクランプバー
 デイトナマルチバーを左ミラーに装着しました。バーをミラーの手前側にすると大きなスマホホルダーでもウインドスクリーンに干渉しません。ETCアンテナとアクションカメラの取り付け金具を右側に固定しています。

バーの左側はまだ空いてます。バーの色が黒なら目立ちませんね

DAYTONA(デイトナ) マルチバーホルダー/クローム 78030

新品価格
¥1,209から
(2018/12/20 23:33時点)

左右のミラーでなく正面にバーを取り付けるとミラー周りがすっきりします。バーグマン用のキタコのマルチパーパスがおススメです。
スマホホルダーを正面に取り付ければ走行中でも視線の移動が少なくて見やすいし、複数のホルダーを付けやすいくて使い勝手が良いんですね。

キタコ(KITACO) マルチパーパスバー バーグマン200 638-2801100

新品価格
¥4,269から
(2018/12/21 13:59時点)

Dロックで簡単ヘルメットホルダー

バーグマンにヘルメットホルダーはついてません。トランクにはヘルメットが二つ入る容量がありますが、荷物を積むためにはヘルメットを出しておきたいところです。

いろいろ試してみましたがコスパなのがD-Lockです。
ミラーの支柱にはめて使ってます。カラビナにダイヤルロックが付いたような形です。キーが不要でヘルメット以外のものも吊るして置けます。

コンテック 南京錠型ダイヤル錠 ディロック シルバー(大) KONTEC DLOCK KT-31

新品価格
¥430から
(2018/12/21 23:38時点)

100円ショップのカッティングシート
スクーターをまたぐ時に靴底で擦ってしまうのが表面がザラザラした樹脂製の部分です。靴底のウレタンやゴムがあたると白っぽい跡が付きやすい材質です。

表面がツルツルとしたカッティングシートなら靴底があたっても滑るので跡がつかず泥汚れもサッとふき取れます。 伸縮性のあるシートなら多少の曲面でも貼りつきます。

実はこのタイプのシートは雨風ですぐに剥がれるだろうと思っていたのですが、8カ月経ってもしっかり貼りついてます。どの100円ショップにも色柄が豊富なシートがあるので気分で張り替えられます。

あったら嬉しい機構や純正オプション

ボディーカラーと同色の純正キャリア・純正トップケース

キジマのキャリアと汎用のトップケースを購入しました。
どちらも自分で取り付けられますがカウルの一部に穴をあけたりキャリアに合うトップケースを探したりするのは結構手間暇かかります。

ボディカラーと同色のキャリア・トップケース付のモデルがあれば見た目もスッキリで高級感が出そうです。

アイドリングストップ機構

バーグマンクだと市街地走行がメインのオーナーも多いはずです。
信号停止が頻繁にあって停止時間も長い市街地はガソリン消費が増えるばかりなのでアイドリングストップ機構があれば燃費も良くなってアイドリング時の振動も発生しません。

以上、「バーグマン200 走行4千キロの通信簿」でした。


-150ccクラス以上のスクーターに合う用品, スクーター・バイク用品, 安全・保険・メンテナンス
-, , ,

Translate »

Copyright© Donna & Scooter , 2019 All Rights Reserved.