神奈川県立 四季の森公園にも紅葉の気配

投稿日:


11月初旬、朝夕の気温も10℃前後と冷え込んできて神奈川も晩秋の気配です。
よこはま動物園ズーラシアに近い県立 四季の森公園にスクーターで寄り道してみました。夏休みはファミリーで大賑わいの人気の県立公園です。

四季の森公園へのアクセスは最寄りの駅がJR横浜線と市営地下鉄グリーンラインの中山駅で徒歩15分程度です。
相鉄線の鶴ヶ峰駅からは本数が多いのでバスでも便利です。
クルマ・バイクなら中原街道(丸子中山茅ケ崎線)で「四季の森入り口」交差点から1分で駐車場というアクセスの良さです。

四季の森公園ホームページはこちら 県立 四季の森公園

四季の森公園のバイク駐輪場の記事はこちらをどうぞ

スクーターで県立四季の森公園 

四季の森という名の通り四季折々の花や鳥類・昆虫がたくさんいる県立公園。横浜でも里山の原風景が残されてしかも一年中楽しめる数少ない公園です。公共交通機関 ...

続きを見る

陽が傾き始めた午後3時を過ぎての到着です。
風もなくまだ陽が当たる北口広場のベンチが心地よさそうです。

広場周辺の木々は紅葉が始まっていました。

まだ青々とした木立もあれば、落ち葉が積もった雑木林もあります。本格的な紅葉を楽しむにはあと2週間くらい必要でしょうか。

斜度の緩やかな歩道を選んでのんびりと散歩もいいし、階段もあって舗装されていない尾根道のような道を選ぶと汗をかくくらいのウォーキングになります。

広い公園内には、トイレや休憩所が各所にあってテーブル・ベンチがところどころに設置されているので天気の良い日はランチを楽しむグループも見かけます。

横浜市内とは思えないくらい丘と谷と池が入り組んだ里山風景が広ります。(横浜はもともと平たんな場所は少ないですね)
あし原湿原はすっかり黄金色です。葦が夕陽に映えています。

北口広場前のはす池には紅葉が始まった木立が反射して写り込んでます。

季節的に花壇が寂しいしょうがないですが、はす池の奥には可憐なコスモスの花が。

午後4時近くになると暗くなりはじて山あいのキャンプ場のような雰囲気もあります。

以上、秋の気配が気になって四季の森を回ってみた様子の紹介でした。


-スクーターで観光と旅 国内編, 県内と横浜郊外 人気の公園・観光地, 高原・海辺・公園
-, ,

Translate »

Copyright© Donna & Scooter , 2019 All Rights Reserved.