スクーターで晴海客船ターミナルに行ってみる

更新日:


東京港で大型客船が停泊できる港湾施設といえば竹芝桟橋や晴海ふ頭。
東京五輪までには船の科学館のすぐ先に新しく客船ふ頭とターミナルができます。
20万トンを超える超大型客船も接岸可能になるとか。(あのベイブリッジをくぐることが出来なくて大黒ふ頭に接岸したMSCスプレンディダでさえ13万トンです)

今回は立派な展望台があって無料のバイク駐車場もある晴海客船ターミナルに寄ってみました。

どこの客船ターミナルでも眺めがよい場所は送迎デッキ。
晴海は東京港を見渡せる展望台からの眺めがおすすめです。

展望台はターミナルビルをエレベーターで6階まで上がりさらにスロープを上ります。

展望台だけでも嬉しいのですが、都内なのに駐車料金が安いことも嬉しいんです。
クルマだと2時間まで400円。
2時間を超えると30分刻みで100円加算。3時間駐車しても600円です。

ターミナルの正面左側にクルマ駐車場入り口があります。🅿表示も見えやすくて迷うことはありません。
さてスクーターはどこに駐車? 晴海客船ターミナルのホームページにもバイク駐車場の表記はありません。

なんのことはなくてクルマ駐車場入り口の脇にありました。(自転車の駐輪スペースもここです)
駐車しやすい場所ですし無料です。

早速、ターミナルの中に入ってみます。

ターミナルの内部のインテリアはちょっとしたホテルのような印象です。
一階は展示ホールにもなってます。ラウンジは各階にあります。2階に上がってみます。

正面に東京港とレインボーブリッジが見渡せるラウンジです。赤で統一されたテーブルやチェアーがゆったりと置かれていて一流ホテルのロビー以上にゆったりできそうです。

GW中に寄って見ましたがロビーには数組の観光客だけでした。客船の停泊もイベントもないせいかガラガラ。
静かにデートしたいカップルにとってはとっておきのラウンジですね。

送迎デッキからの風景です。

南側は正面が豊洲市場です。左手に新しい豊洲大橋が見えます。(道路もできていますが閉鎖中です)
西側がお台場やレインボーブリッジで北側に竹芝桟橋が見えます。

注目の展望台に上がってみたいと思います。
6階まではエレベーターで上がります。エレベーターを降りてから知ったのですがエレベーターは建物の外にあるんです。
空中回廊(高所が苦手な人は足元を見ないで進んでください)を渡って高層にある展望台に入ります。

中に入るとさらに展望台自体が吹き抜けになっていました。さらにスロープを上がり7階です。

1階の入り口の案内板では展望台が7階と書かれていました。
7階展望台は想像以上に高い場所でした。
各階の天井高がかなりあるので、普通のマンションと比べれば10階以上の高さがありそうです。

展望台からは360度見渡せます。東側はほとんど工事現場です。晴海は東京五輪の選手村の建設真っ最中でした。

レインボーブリッジ方面です。

レインボーブリッジの手前に遊覧船が見えます。
望遠で見てみるとデッキの上ではミニコンサート開催中のようです。
東京湾の上でコンサートなんてちょっと優雅な気分ですね。

イベントが開催されるとクルマ駐車場、バイク駐車場が満車になるようなので、
晴海客船ターミナルのホームページでは公共交通機関の利用を勧めています。
最寄りの地下鉄駅で下車してタクシー利用なら距離も短くて便利です。

晴海客船ターミナルアクセス 

都営バス  都05-1(東京駅丸の内南口~終点晴海埠頭下車)運賃210円
平日でも週末でも昼間は一時間に6~7本運航
大江戸線勝どき駅前から10分弱
東京駅丸の内南口から約30分
都05-1以外に2系統あり

最寄りの駅からタクシー
      大江戸線勝どき駅前で乗車して約1.5キロ
10分弱 運賃は千円前後

      メトロ日比谷線築地駅前で乗車して約3キロ
15分程度 運賃は1700円前後

以上、「スクーターで晴海客船ターミナルに行ってみる」でした。


-おでかけ駐車場(画像あり), スクーターで観光と旅 国内編, 横浜ベイエリア・東京湾
-, ,

Translate »

Copyright© Donna & Scooter , 2019 All Rights Reserved.