よこはま屋外ランチおすすめ ポートサイド公園

投稿日:

横浜のベイエリアや山手には観光地としても賑わう緑地や公園があちこちにあります。
今回はベイエリアのはずれにあって昼食時でも横浜駅東口から徒歩で行けるポートサイド公園の紹介です。
東口からは近くて便利なのに静かで穴場的な公園です。

東口と反対側の横浜駅西口は昔からの繁華街なので狭い路地にひしめく飲食店が多いですね。
高島屋の裏手や西口5番街はエスニックな雰囲気と横浜ローカル色が濃いエリア。ティーンエイジに人気のあるショップも集積してます。

横浜駅東口は比較的新しく再開発されたエリアで、地下街のポルタ、それにルミネ、そごう横浜店、横浜スカイビルが集まり高級ブランドも多いショッピングディストリクトという様相です。新高島周辺あたりまでは横浜駅東口から直接徒歩で行く人も多いですね。
帷子川と横浜港を結ぶ静かな運河ではカモメが羽を休めてます。

横浜スカイビルの1階は路線バスのバスターミナルと横浜シティ・エアターミナル(YCAT)があります。横浜そごうと運河を挟んで反対側の横浜ベイクォーターはポートサイド地区の入り口です。

目の前の運河から横浜港の観光ポイントを結んでいるのがシーバスです。横浜駅東口は羽田空港や横浜港への移動拠点にもなってます。

そんな横駅東口から徒歩10分で行けるのがポートサイド公園。横浜ベイクォーターと地下道でつなっがているバリアフリーの運河沿いの公園です。1階のシーバス乗り場の先にポートサイド公園への道案内があり、広い地下道の先に公園が広がっています。

よこはまベイクォーターの駐車場に車を置いてしまうと公園までベビーカーをそのまま押していけるんです。バイクも自転車も駐車台数が多いので天気が良ければベイクォーターで買い物したあとにのんびり休憩出来ます。地下道をくぐると運河にそって400メートル以上も続く緑地が現れます。

運河沿いには小さな板張りのPierがいくつも突き出ています。上がってみるとまるで水上にいるような感覚です。Pierには自転車を押してこれるし、ベビーカーを置いたファミリーもいます。運河の南側に広がるとみらいエリアを望むことができます。

昼間はシーバスが目の前を走ってベイエリアを往復してます。
運河の反対側は高島水際線公園という緑地です。障害物がないので遠くのみなとみらいの高層ビル群まで見渡せます。
東側の運河の先に見える低層の建物は水産物を扱う中央卸売市場です。

Pierだけでなく、休憩できるベンチも多いのがこの公園の良いところです。ずらっと並ぶベンチはどれも並木の木陰になる場所に南向きで設置されているので冬は陽当たりが良くて夏は日差しを避けられるんですね。

丸テーブルと椅子もあちこちにあってファミリーでお弁当を広げることもできます。
お弁当を家で作らなくても横浜そごうが近いのがポイントなんです。

そごうのデパ地下に寄ってちょっと贅沢なランチを公園のテーブルで囲むこともできます。
デパ地下は人気があって混むのはしょうがないですね。

ベイクォーターにもテイクアウトできるお店がいくつもあります。
公園に一番近いテイクアウト店は1階のマクドナルドです。なんにも持たずに公園に来てしまっても困りません。
近くにコンビニがあります。

公園に接するポートサイドプレイスというレストラン・ショップ街の1階がセブンイレブンです。
手軽さならここで軽食を買ってしまうのがよさそうです。

公園中央部のメインストリート側の入り口にはトイレもあります。

ポートサイド公園は高層マンションが立ち並ぶポートサイド地区の南側に位置してます。
公園の北側を通るポートサイド地区のメインストリートです。

観光客が多いみなとみらいエリアと違って日曜日でも交通量が少なくて静かなんです。

「よこはま屋外ランチおすすめ ポートサイド公園」の紹介でした。

-スクーターで観光と旅 国内編, 横浜ベイエリア・東京湾
-, , ,

Translate »

Copyright© Donna & Scooter , 2019 All Rights Reserved.