東京モーターサイクルショー2018 とっておきバイク&コンパニオン編

更新日:

いよいよ東京モーターサイクルショー2018最終日です。

ショーの初日の金曜日からスクーターやバイク用品をメインにご紹介してきました。
街中で見かけたら注目されるバイクやこれまで走っているのを見たことがないバイク、それでも一度は乗ってみたいバイクをご紹介します。

ハーレーダビッドソン

最初はHARLEY-DAVIDSONです。ハーレーの持つブランド感は永久不滅!?

ハーレー乗りでなくてもハーレーサウンドが好きな人は多いです。
展示ブースで各車にまたがってみるとなんとなく雰囲気を味わえます。

屋外展示にしてエンジンをかけアクセルを回してハーレーサウンドと振動を体感できればもっと素晴らしいショーになりそうです。

U.S.に長期滞在できるならルート66をハーレーで横断してみたい!

存在感ありすぎのHARLEY-DAVIDSONです。

インディアン

アメリカンバイクといえばやはりインディアンです。
これもエンジンサウンドを聴きたいバイクの一つです。

インディアンのブランドイメージも強烈です。
インディアンの最新カタログもいただけました。

こちらはチーフビンテージ。
シートと同色のサイドバックがたまりません。

バイクもコンパニオンもワイルド!

これはロードマスター。多少?値は張ります。
ホットパンツもタンクトップもテンガロンハットも本革ですね。
インディアン用にテンガロンハット型のヘルメットがあれば。

Boss Hoss

次はBoss Hossのブースです。
トライクです。しかも半端ないトライクでした。

トライクの神髄!?
タンク下のエンジンの巨大さ。

諸元はこれです。

排気量6200cc 445馬力!
排気量だけなら大型路線バスと同じかそれ以上です。
綱引きでこのトライク1台を50台の原付2種のアドレス110で引っ張っても勝敗が見えてます。

メーターパネル周りもバイクとは違いすぎます。

ほんと凄い乗り物です。

ロイヤル エンフィールド

だんだんマニアックなバイクの世界に入ってきました。
次はROYAL ENFIELDです。アースカラーを多用して特徴的なデザインが人気です。

第二次世界大戦で使われていた軍用二輪車のイメージと重なります。

ウラル

ROYAL ENFIELDとなればURAl(ウラル)の登場です。
サイドカーの名門です。
サイドカーレースの優勝車も展示されてます。

URALのカタログも貴重な資料です。
無骨さの中に夢が詰まったカタログです。

原野や山林を走破するオフロード版サイドカーですね。
オフロード車を凌ぐようなブロックタイヤがその走破性の高さを見せつけています。

日本のサイドカーメーカー

次は日本のサイドカーメーカーのサクマエンジニアリングです。URALのイメージとは真逆かもしれません。

スズキアドレス125に側車がついてしかもトレーラーまでついてます。
側車がつくと軽二輪扱いになるので自動車専用道も走れるんです。

同じくサクマ。赤のPCX150にやはり側車とトレーラー。
PCXのレッド色に合わせて塗装されて真っ赤っかです。一体感も存在感もダントツです。

トレーラーを開けてもらいました。

デカい! とにかく長さも幅も高さもあって容量たっぷり。
普通自動車のトランクに入らないキャンピング用品がどんどん入ります。

トレーラーがついててもけん引免許は不要です。

ブースでもらったチラシです。
バイク(自転車)をそのまま載せられる側車もあります。

サクマが素晴らしいと思ったのは普通の日本メーカーの小型スクーターを使用していることです。スクーターのイメージというがBMWのサイドカーなど大排気量のバイクというイメージが先行しますけど、小型スクーターです。これから売れ出すかもしれませんね。

原付二種スクーターのサイドカーって形はちょっと違うけど東南アジアでは沢山走ってます。

以上、「とっておきバイク&コンパニオン編」の紹介でした。

東京モーターサイクルショー2018の記事はこちらもどうぞ。

東京モーターサイクルショー2018 スクーター&コンパニオン編

東京モーターサイクルショー2018 が開幕しました。 ドナとスクーターも開幕初日の一般公開に合わせて東京ビッグサイトにやってきました。 去年の東京モー ...

続きを見る

東京モーターサイクルショー2018 用品&カタログ&コンパニオン編

東京モーターサイクルショー2018 が開幕しました。 レーサー仕様の二輪から見事なカスタム車やサイドカー。外国車にも目を奪われます。 ステージやブース ...

続きを見る

東京モーターサイクルショー2018 がんばれコンパニオン編

レースドライバーもハーレー乗りもスクーター乗りも楽しめた東京モーターサイクルショーが閉幕しました。 3日間の入場者数は14万6人超え! ブースによって ...

続きを見る

-モーターショー・ギャラリー・EVカー, モーターショー・二輪車イベント
-, , ,

Translate »

Copyright© Donna & Scooter , 2019 All Rights Reserved.