よこはま臨港パークにも無料バイク駐車場

更新日:

臨港パークはベイエリアでもっとも広い緑地。週末にはファミリーやカップルに人気の静かな緑地広場です。

赤レンガ倉庫や山下公園も良いのですが、週末はイベントやフェスティバルが開催されていて楽しいのですが、ちょっと騒がしくなってしまうのも事実です。

海辺で静かに過ごしたい派の人にはおすすめなのが臨港パークの緑地です。

以前、クルマで行った時はパークの北の端にある有料駐車場を利用しました。立体というよりパークの緑地の下にコンクリート製の駐車場施設が収まっている感じです。

ファミリーで荷物が多いならやはりクルマです。ただし週末は満車になってしまうので朝一番で駐車する必要があります。ファミリーなら駐車料金もそれほど気になりません。

以前は気が付かなかったのですが、無料のバイク駐車場(臨港パーク北駐輪場)がこの駐車場の奥に設置されていました。

場所はクルマ駐車場の先です。既存の駐車場施設の前を通りぎます。(写真左)
ここから先はクルマは進入禁止です。
直進すると右手に自転車・バイク駐車場が見えてきます。(写真右)

緑地の一部がアスファルトになっていてバイクも停めやすくなっています。
行った日は週末の午後ですでに満車状態。駐車スペースに入りきらないバイク・自転車が周囲の緑地や、このエリアから外れた道路脇の歩道にまであふれてました。

5年前と比べたら周囲には超高層マンションも増えて自転車利用者も増加しています。

クルマ利用者も増加しています。週末はベイエリアの公共駐車場やショッピングモールの駐車場入り口には入庫待ちの車の行列です。長時間駐車したら公共駐車場も高いし、モールの周囲で渋滞が発生してます。

維持費の安い125ccスクーターも増えた気がします。確かにコスパな上に駐車場の入庫待ち行列がないので時間を無駄にしません。

ところが最近は週末になるとモールのバイク駐車場も満車だったりします。
これは行政にお願いすることですが、解消法がないこともありません。

観光地でもあるベイエリアは道路も歩道も比較的広いんです。車両の通行が少ない道路や歩行者が少ない広い歩道もあります。

海外の観光地では広い道路の両脇に自転車やバイクを停められるエリアを設けています。白線で一台ごとの駐車場所を仕切っているのできれいに駐車されてます。みなとみらい地区でもこういうエリアが作られると自転車・バイクの利用者には大変便利になりそうです。

以上、臨港パークの無料バイク駐車場の紹介でした。

消えない目の下のお悩みには『アイキララ』

-おでかけ駐車場(画像あり), 横浜ベイ 公園・観光地・モール, 県内と横浜郊外 公園・観光地
-, , ,

Translate »

Copyright© Donna & Scooter , 2019 All Rights Reserved.