ドキュンとなるニッサンが見れるチャンス 2月22日(木)まで

更新日:

TVや雑誌でもよく登場する日産 グローバル本社ギャラリーは横浜駅東口から徒歩7分。
週末は日産のファンだけでなくクルマ好きなファミリーで大賑わい。平日の午後は子供連れのママ友たちが多くて、大人も子供もリラックスできる遊び場みたいな雰囲気。

屋内なので雪の日でも大雨の日でもギャラリーカフェでゆったりと過ごせて、日産グッズがそろった日産ブティックも。

プロダクトゾーンでは今週からヘリテージ特別展示「NISSAN COLOR DESIGN STORIES」が開催中でした。
嬉しいのはTVや雑誌でしか見る機会がなかった車が勢ぞろいしてることです。

2月22日(木)までは「BI-COLOR COLLECTION」となっていて、注目はダットサンスポーツ、ダットサンフェアレディ、ダットサンブルーバード。(車名と製造年は日産のホームページを参照しました)

ダットサンスポーツDC-3型(1952年)

 

4人乗りで直列4気筒 860CC 3足MTです。ちなみにブレーキは4輪ドラム。
生産台数はごくわずかだったようです。
今、この外観のまま販売されたら人気沸騰しそう。「やっちゃえ、日産」と応援したいぐらいです。

ダットサンフェアレディ SPL213型(1961年)

こちらも4人乗り。北米向けがメインなのでこの車は左ハンドルです。
直列4気筒 この車種は1.2リッターエンジン。最終モデルは60馬力です。
やはりブレーキは4輪ともドラムです。最高速が130~140キロ位は出たはずです。
街中を走る姿は見かけませんが、もし走っていたらドキュンとなるのは間違いなさそうです。

最後はダットサンブルーバード1200ファンシーデラックス DP312型(1963年)

初代ブルーバードです!
あの「BC戦争」(ブルーバード対コロナ)の主役です。量販車らしく5人乗りになってます。
販売台数を競っただけあって、このモデルは日本初の女性仕様車。
どうりで名前が「ファンシー」なんですね。後席に着替え用カーテンとかハンドバックケースとか今以上に女性を意識したモデルだったそうです。

2月24日(土)からはテーマが変わりVol. 2、ELEGANT COLORSになります。5月初旬までテーマに合わせて展示車両も変わるようなので今後も目が離せません。

以上、日産グローバル本社ギャラリーのイベント「NISSAN COLOR DESIGN STORIES」Vol. 1 BI-COLOR COLLECTIONの紹介でした。

注意)このイベントの展示車両は展示のみで他の車両のように触れたり乗り込んだりすることはできません。

 

-ギャラリー 二輪車・四輪車, スクーターで観光と旅 国内編, モーターショー・ギャラリー・EVカー, 横浜ベイエリア・東京湾
-, , ,

Translate »

Copyright© Donna & Scooter , 2019 All Rights Reserved.