象の鼻パークにスクーターで行く 横浜ベイエリア

更新日:


赤レンガ倉庫と大さん橋の中間に位置する象の鼻パークは明治時代の波止場、「象の鼻」が再現された海辺の公園です。

象の鼻テラスには手ごろな価格のドリンクやスイーツメニューがあるカフェもあってなんとも開放的で居心地のよい公園です。
芝生の丘は陽当たりも良くて眺めもいいんです。赤レンガ倉庫と大さん橋の客船を同時に眺められる穴場スポットかもしれません。

赤レンガ倉庫からは徒歩数分です。運河にかかるトラス橋を渡ると左側はもう象の鼻パークの芝生の丘です。そのままプロムナードを高架の部分まで歩いてしまうと降りる階段はないので、パークの上空を通過して大さん橋入り口まで行ってしまいます。

今回、象の鼻パークにはスクーターで行ってみました。
周辺のバイク駐車場だと赤レンガ倉庫の無料バイク駐車場が便利です。大型バイクも停められて駐車台数も多いですし。
大さん橋にもふ頭ビルの前に数十台の駐輪スペースがあります。

忙しい人のための短期集中TOEIC800点オンライン講座、特別価格で¥2400!

実は象の鼻パークにも小型のバイクやスクーターが停めやすいバイク駐輪スペースがありました。
海岸通り側(海岸通りと日本大通りとT字路の交差点)から象の鼻パークに入れます。正面に向かってすぐ左手のオブジェと植え込みの間が駐輪スペースです。T字路の交差点なので日本大通りからも入れます。

海岸通りからは見えないので見逃してしまいそうな場所です。

駐輪エリアを示す小さなフェンスと掲示があります。スペースはそれほど広いわけではありません。
無料駐輪場でバイク・スクーターと自転車も停まっているので、ちょっと手狭な感じもします。

自転車や小型バイクが入り乱れると大型バイクは停めにくいかもしれません。
平日だったので公園にいる観光客はまばらです。でも駐輪スペースはかなり混んでるんですね。

港湾局に聞いてみないと恒久的な駐輪スペースなのかどうかわかりませんが、象の鼻テラスのカフェや芝生の丘のベンチでのんびりしたい人にはとっておきのバイク駐輪場です。


-おでかけ駐車場(画像あり), 横浜ベイエリア 人気の公園・観光地・買い物
-, ,

Translate »

Copyright© Donna & Scooter , 2019 All Rights Reserved.