スクーターでプーケットビーチ巡りーOld Town編

更新日:


プーケットの歴史が刻まれている街、オールドタウン。16世紀頃(日本は戦国時代から江戸時代)からポルトガルや明・清といった当時の中国との貿易で栄えた国際都市だったんです。今でも往時の面影が残る街で東南アジアの古い港町と共通する雰囲気・風情があります。

パトンビーチからどうやって行くか

画像はバンサーン生鮮市場の北側のサイコー通りのホテルが立ち並ぶソイ。「最高」ではなくSai Kor Road。

カップルか一人旅でコスパに楽しむなら次の方法があります。

1)路線バス
2)レンタルスクーター

謎の女性
どちらも良いんだけど旅行スタイルによるわね。
ドナとゲンジの話でも聞いてみましょうか

ドナ
私は路線バスね。運賃は往復でも70バーツだから250円くらいよ

安いんだけど乗る場所がね...遠いんだ。ビーチの南端....
時刻表はないからヘタすると30分も炎天下で待つかもよ
ゲンジ

ドナ
バスのルート上で待ってて手を上げれば乗せてくれるんだって

それなら日陰でもあればなんとかなるかも。
うーん、でも例の峠も往復するからバスは遅すぎないかな
ゲンジ

ドナ
その方が車窓も楽しめていいのよ

海外旅行

向こうに着いても足がないから移動が大変かも
ゲンジ

ドナ
異国情緒たっぷりのオールドタウンだけでも
観光して食事してCafeに入れば3時間じゃ足りないからね

街中だけ?見晴らしのいいRang Hillとかモンキーヒルとか
歩いてはいけないんだよ。やっぱりスクーターかな
ゲンジ

ドナ
スコールがきたらどうするのよ。パトンならすぐ帰れるけど島の反対側よ

雨が降りそうならオールドタウンのバーで雨宿りもいいよ。
欧米人のスクーター連中もスコールが止むまでバーで盛り上がってるし
ゲンジ

ドナ
この前は道路脇のガソリン売りのテントで雨宿り。時間潰しただけだったわ

そういえばコスパも良かったでしょ。
あのボトル一本のガソリンだけで往復できちゃうんだから
ゲンジ

じゃこうしよう。往路と現地の観光も全部僕が運転する。
帰り道だけドナが運転
ゲンジ

ドナ
あーっ。まさか、最後の観光場所とか言ってホテルのバーとかバービアで休憩とか言い出しそう。冷たいビールをガブガブとか?ゲンジがコスパを言い出すと怪しいわ

ぎゃ(全部お見通しか)
ゲンジ

謎の女性
タイも飲酒運転は厳罰!帰りにビッグCで冷えたビールを買って持ち帰るのがオススメ

今回はRamaiホテル近くにある格安レンタル店で一日150バーツのスクーターを借りていたので、お昼にホテルを出発してオールドタウンに向かいました。

スクータでも路線バスでも観光バスでもパトンからオールドタウンに向かうには、混雑する峠道を通ることになります。

観光バスや大型トラックが多いと渋滞になるけど、空いていると飛ばす車も多い峠道。
下りで飛ばすと危険なカーブもあります。急なカーブは少ないので場所を覚えてしまえばそれほど恐れることもありません。峠を下るとオールドタウンまでは広くて平坦な道が続きます。

オールドタウンの一角、Thalang Roadに到着です。このあたりは一方通行ばかりなので地図は要チェクです。
バイクの駐車スペースはあちこちにあるので最初に見つけたスペースに停めて歩いてもいいし。スクーターなら街の通りをぐるぐる走っても大して時間はかからないので、一通り走ってから便利な場所を探すのもOKです。

パステルカラーに彩られた華やかな飲食店やショップが並んでいます。ポルトガルと中国様式がミックスした建物も多い景観地です。ここだけは電柱や蜘蛛の巣のような電線がありません。外観を重視して整備されてます。

同じ通りの先にプーケットの歴史がわかるこぶりな博物館がありました。

ガイドブックでも紹介されている泰華博物館です。昔からの華人とプーケットの交流と歴史がわかります。

この時は入場料金も知らずに建物左手にあるカウンターで私の前に並んでいたタイ人が50バーツを払ってチケットを貰っていたので私も続いて50バーツを出したらそのままチケットをくれました。
帰りに入場料を見てみたら外国人が200バーツ(借りたスクーターの一日のレンタル代よりも高い!)でタイ人は50バーツでした。

小さな博物館ですが、昔のプーケットの人達の暮らしぶりもわかります。全体的に展示物が上手くまとめられていた印象です。何も知らなかったプーケットの歴史を少し理解できた気がします。ただ、展示ルートの最後の方に、今の華人である中国政府の歴代の要人のプーケット来訪の様子が紹介されてます。中国の宣伝みたいな展示もあるので入場料は外国人も200バーツじゃなくて50バーツで十分な気がしました。

プーケットが見渡せるというRang Hillまでスクーターで登ってみました。オールドタウンから大して距離はありませんが小高い丘の上でレストランもあって観光客はワゴン車で訪れています。

オシャレな展望台があり、ここからの眺めがこうです。もやがかかってます。天候のせいもあって期待したほどの景色ではなかったので遠くに見えるビーチに行ってみることにしました。オールドタウンに戻ってPhuket Roadをしばらく走るとそのままビーチです。湾の先に突き出たとっても広い海浜公園でした。

外国人観光客はほぼゼロです。プーケットの人たちの憩いの場です。
木陰でピクニックシートを敷いてくつろぐファミリーが目立ちます。途中にはプール、市営の競技場やジムもあるプーケットのスポーツコンプレックスです。

暗くなる前にパトンに戻ることにしました。格安の一日150バーツで借りたスクーター。実はメーターの針が動かないんです。スピードはわかりません。距離計も当てになりません。相場の200バーツより安かったのはこういう理由があったんですね。良く走ってくれるのですが、万が一夜になってから故障でもしたら修理もできません。

一度通った道なので帰りは気持ちも楽です。峠道も難なく超えてパトンのホテルに戻ってきました。


-タイ
-, ,

Translate »

Copyright© Donna & Scooter , 2019 All Rights Reserved.